facebook
GoodDay北海道 » 星野リゾートトマムに『霧氷テラス』が登場、標高1088mの絶景ポイント!

星野リゾートトマムに『霧氷テラス』が登場、標高1088mの絶景ポイント!

  • イベント
  • 全道

[2015年11月18日 掲載]

グリーンシーズンは「雲海テラス」が人気の星野リゾートトマムでは、冬季シーズンが始まる11月28日、標高1088mの雲海テラスのエリアに、トマムの美しい霧氷を楽しむことができる「霧氷テラス」が誕生します。スキーを滑らない人でもゴンドラで気軽に足を運び、冬山を楽しむことができる絶景ポイントです。

「霧氷」とは、氷点下約2~10度の間で樹木に付着する氷のことで、真っ白な霧氷が日の光をあびてキラキラと光り、青空との美しいコントラストは北国ならではの情景です。 「雲海ゴンドラ」で片道およそ13分、「霧氷テラス」には氷で作った椅子とテーブルが並び、「てんぼうかふぇ」で出す「霧氷コーヒー」には霧氷をイメージした飴細工が添えられています。

霧氷の木立を見ながら「雪山さんぽ道」を5分ほど歩けば、今年秋にオープンした新しい雲海テラスの「Cloud walk(クラウドウォーク)」へ。雲の形をしたデッキを歩けば空中散歩のような気分を味わうことができます。

一方、降雪量2メートル20センチ、サラサラのパウダースノーが自慢のスキー場は11月28日にオープン。2014年は充分な降雪を待って12月10日のオープンでしたが、今年は降雪機7台を用意してオープン日を確定し、気象条件に左右されずにスキーシーズンスタートに臨みます。

今シーズンは、ファミリー向けゲレンデ「ニポの森」が約1.5倍に拡大し、ツリーラン面積とルートが増えたことで、初心者でも気軽に楽しめるようになりました。

また、非圧雪の林間コース「アカゲラの森」「エリア11」では木を枝打ちし、太陽の光を入れることで森を豊かにするなど、スウェーデンで行なわれている環境に配慮する手法も取り入れています。

また、毎年大人気のアイスビレッジは、12月1日にオープン予定。クリスマスやお正月のほか、1月8日~31日「青の祭典」、2月1日~29日「スイーツパーティ」、3月1日~中旬「春祭り」と、いつ訪れても満足できる楽しい企画をご用意。

さらに、極寒のトマムならではの氷のホテルは、1月8日~2月29日の間、1日1組3名まで宿泊体験ができます(1名2万円、見学は無料)。

 

■霧氷テラス(夏期「雲海テラス」)
営業期間:
2015年12月1日~2016年3月31日
営業時間:
9:00から15:30(ゴンドラ営業終了30分前まで)
料金:
大人1,900円 小学生1,200円
※ゴンドラ往復料金。リフト券を持っている場合は無料

 

■トマムスキー場 2015-16ウインターシーズン営業
営業期間:
2015年11月28日~2016年4月3日
リフト運行:
9:00~16:00(タワーエキスプレスは8:45~)
リフト料金:
1日券大人5,400円、小学生・シニア3,800円

 

■アイスビレッジ
営業期間:
2015年12月1日~2016年3月中旬
営業時間:
17:00~22:00(最終入場21:30)

 

【お問合せ】
星野リゾート トマム 広報
TEL 0167-58-1013
http://www.snowtomamu.jp/winter/  
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構