facebook
GoodDay北海道 » 北海道の基礎情報 » 服装のアドバイス
北海道の
基礎知識

服装のアドバイス

一日の中で寒暖差があるのが北海道の気候の特徴。暖かい季節でも一枚羽織るものを用意しておくと安心です。特に注意したいのは真冬の服装。外は寒くても、建物や乗物の中は暖房が入っているため、厚着をしすぎると汗をかいて風邪をひいてしまう恐れが。コートの中はカーディガンやパーカーなど、簡単に脱ぎ着できるものを重ね着するといいでしょう。

3月
まだ雪が残るのでコートは必要です。朝夕の気温差が激しいので、脱ぎ着しやすい服装で温度調節を。シャーベット状の雪なので防水加工した靴がおすすめです。
4月
日中の気温は上がってきますが、薄手のコートや上着など羽織るものを持っていった方がいいでしょう。朝晩はまだまだ冷えるので、重ね着で対応しましょう。
5月
陽射しは暖かくなってきますが、風はまだ冷たいことも多い時期です。朝晩など急に寒くなることがあるので、上着は用意したほうがいいでしょう。

6月
北海道らしいさわやかな気候になります。日中はシャツだけで過ごせることもありますが、朝晩は冷えることも多いので、軽く羽織るものを用意しましょう。
7月
日中は本州と同じ夏服で過ごせます。夜間の外出や山や湖に行く場合は、ウィンドブレーカーなど薄手の上着を用意しておくと安心です。
8月
8月上旬までは本州と同じ夏服で大丈夫。北海道はお盆を過ぎると急に朝晩の気温が下がり始めるので、日中と夜の気温差を考えた服装を用意しましょう。

9月
9月上旬は夏用の上着でも大丈夫ですが、中旬頃から朝夕が肌寒くなってきます。北海道の9月は本州の10月くらいと考え、秋用の上着を用意しましょう。
10月
北海道が秋から冬に向かう時期です。朝晩の冷え込みがだんだん厳しくなってくるので、薄手のダウンジャケットや厚手のコートなどを用意しておきましょう。
11月
朝夕は吐く息が白くなり、平地でも初雪が降り始める頃です。アウターは薄手のダウンや厚手のコート、インナーは重ね着で温度調整しやすくしておきましょう。

12月
12月中旬から本格的に雪が積もりはじめ、下旬頃から根雪になります。厚手のコートやダウンジャケット、帽子、手袋に加え、滑り止めのある靴を選びましょう。
1月
1年で一番寒い時期。ジャンパーやコートは防寒性を重視したもの、中の服は脱ぎ着しやすいものを選びましょう。マフラー、手袋、帽子などは防寒に効果的です。
2月
底冷えがする時期なので、丈の長いコートを選ぶとよいでしょう。中の服は脱ぎ着しやすいものに。帽子、手袋、マフラーで防寒対策をすることも忘れずに。
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構