facebook
GoodDay北海道 » 北海道の基礎情報 » 北海道の地勢
北海道の
基礎知識

北海道の地勢

日本全体の22%を占める

日本列島の中で、北海道は最北(北緯41度21分~45度33分)に位置し、シカゴ、モントリオール、ロンドン、ローマ、ミュンヘンなど世界の主要都市とほぼ同緯度にあります。面積は83,457km2で国土の約22.1%を占めています。都道府県の中では最も広く、東京都の39.7倍、オーストリア1国の面積に匹敵します。

山地は全体のほぼ半分を占めますが、全国と比較すると山地や傾斜地が少なく、なだらかな土地が多いのが特徴です。周囲は、太平洋、日本海、オホーツク海の3つの海に囲まれており、対馬海流とリマン海流、日本海流と千島海流がそれぞれ交差しているため、世界有数の漁場となっています。

豊かな自然環境が広がる

北海道のほぼ中央部を北から南へ、天塩山地、北見山地、石狩山地、日高山脈が走っています。最高峰の旭岳(2,291m)を中心とする大雪山系は「北海道の屋根」と呼ばれています。

道内各地には、石狩平野をはじめ、十勝平野、天塩平野、名寄盆地、上川盆地、富良野盆地などの平地が広がっています。また、釧路湿原やサロベツ原野など、日本を代表する湿原もあります。

河川の数は14,700あまりで、道が実施している常時監視結果で良好な水質を維持しています。環境省がまとめる全国の水質測定結果(BOD)ランキングにおいても、これまで多数の水域が上位5位以内に選出されています。

千島火山帯と那須火山帯に属しているため、多くの美しいカルデラ湖があり、観光名所となっています。日本一大きいカルデラ湖の屈斜路湖、透明度の高い摩周湖、マリモが生育する阿寒湖などが有名です。

北海道の地勢データ

面積83,457km2
構成島数509
周囲4,377km
本島周囲2,676km
可住地面積割合
(対総面積)
27.9%

面積、構成島数、周囲は、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島、竹島を含む。

資料:平成23年「日本統計年鑑」
可住地面積割合(対総地面積)は総務省統計局「統計でみる都道府県のすがた」(北方地方及び竹島を除く)
面積は国土交通省国土地理院「平成22年全国都道府県市町村別面積調」

北海道の位置

東端択捉島
ラッキベツ岬
東経 148°53’
西端松前町
大島西端
東経 139°20’
南端松前町
小島南端
北緯 41°21’
北端択捉島
カモイワッカ岬
北緯 45°33’

資料:国土交通省国土地理院「日本の市区町村位置情報要覧」

PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構