facebook
GoodDay北海道 »  自然と景観 »  世界遺産
北海道の
基礎知識

自然と景観

世界遺産

2005年7月に北海道初の世界遺産登録として、知床半島とその周辺海域が世界自然遺産として、登録地に認定されました。知床はアイヌ語で「シリエトク(地の果て)」という由来があり、その名の通り、現在も手つかずの大自然が残っています。そのお陰で、ミズナラ、エゾマツ、ダケカンバなどの植物や、ヒグマ、シマフクロウ、オオワシといった野生動物の生態を見ることができる秘境といえます。また、2015年には国立公園50周年・世界遺産認定10周年となり、さらに多くの観光客で賑わいを見せています。
この記事が関連付けられているタグ: 人気 自然・景観 動物 アウトドア 宗谷・オホーツクエリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構