facebook
GoodDay北海道 » コロカル『SHORT TRIP Guides』 » ノスタルジック散策 » 乗馬体験と隠れ家コテージで過ごす、牧歌的な癒しの時間〈クラークホースガーデン〉

 

SPOT 04

ノスタルジック散策
from 旭川空港

乗馬体験と隠れ家コテージで
過ごす、牧歌的な癒しの時間
〈クラークホースガーデン〉

from 北海道旭川市

SHORT TRIP Guides - 北海道の小さな旅ガイド edited by コロカル
SHORT TRIP Guides - 北海道の小さな旅ガイド edited by コロカル

のんびり、自然の中の
レトロなコテージ

山動物園からほど近い旭川市桜岡エリアは、小さなお店や手づくりカフェ、こだわりのファームなど見どころが点在する、のどかな丘陵地帯。
なかでも原生林に囲まれた丘に広がる〈クラークホースガーデン〉は、1996年のオープン以来、1年を通してウエスタン乗馬やホーストレッキングを楽しめるスポットとして知られています。時間をかけて手入れされてきた美しいガーデンも魅力のひとつ。

ここでは子ども向けの引き馬体験から円馬場での乗馬体験、外乗まで、初心でも馬とふれ合えるさまざまなコースを用意。直接申し込みも可能ですが、夏場は混み合うことがあるため、事前にウェブサイトから予約することをおすすめします。

敷地の中には、民家を改修したカフェに加え、すこし離れた場所には宿泊用のコテージがあります。古さを生かしリノベーションされた空間はどこか懐かしく牧歌的なのんびりした空気が流れています。

落ち着けるカフェの窓に広がる木々の緑が美しい。

木々に囲まれそっと建つ〈MaM’sカフェ〉は、民家を改装したカフェスペース。ここは乗馬体験の受付所で、乗馬のあとの休憩所としても利用できます。カントリーの要素をちりばめつつシックにまとめられた内装は、まるで映画の中に迷い込んだよう。カフェのみの利用もOK。現在は予約制オープンのため前日までに電話で連絡を。

木々に囲まれたMaM’sカフェ。

可愛らしい馬小屋。

現在は7頭の馬たちが広い敷地でのびのびと暮らしています。

カフェで体験手続きのあとに乗馬の基礎を教わって、好みのカウボーイハットを選んだら、体験スタートです。

ウエスタン乗馬は、カウボーイが牛を追うための乗馬から生まれたスタイル。乗馬体験の円馬場レッスン(約15分・2600円〜)ではスタッフのアドバイスを受けながら、気立てのいい馬とともに風を切る高揚感を味わうことができます。

乗馬初体験のコロカルスタッフ。円馬場の中、温厚な馬のマリアの背中から見る風景は新鮮そのもの。乗馬の場合、アウトドアに適した服装がおすすめです。

このほか、スタッフとともに豊かな自然の中をぐるりと周る外乗コース(2.5キロ 6000円〜)も人気。初心者でも、円馬場レッスンとセットで外乗に出られます。林や小川を抜けておいしい空気を吸いながら馬とともに進めば、馬の存在をもっと身近に感じられるはず。

乗馬体験のあとは、カフェのウエスタンコーヒー(400円)でほっとひと息。

クラークホースガーデンでは2015年、広大な敷地の一角に、農家の住宅をリノベーションした宿泊用のコテージもオープンしました。街灯もない畑のど真ん中のコテージでは、昼は一面に広がる畑と森に、夜は満天の星に囲まれた空間に身を置くことができます。

コテージの居間。2階には広々とした和室がひと間。宿泊は1名〜大勢でもOK。自分の家のようにくつろげる時間を過ごせます。宿泊は基本的に春〜秋までの対応。

「自然の中、静かで個人的なひとときを過ごしてもらえたら」
という配慮から室内にテレビはなく、あるのは音楽と本。キッチンには調理器具がセットされているので、夏場は桜岡にある直売所の新鮮野菜で料理するのも楽しそう。さらに、周囲の畑でつくられる野菜を少しいただくこともできます(その年によってつくられる野菜が違うため、詳細はスタッフへお問い合わせを)。宿泊するお客さんの中には、ギター片手に音楽を楽しむ人もいたとか。思い思いのスタイルで自然の中の宿泊を楽しめます。

料理をするのがうれしくなりそうなキッチン。窓越しの風景もごちそうです。

お客さんに好評なのが、スタッフこだわりの五右衛門風呂。バスルーム裏手で火を起こす本格的なスタイルで、沸かし方はスタッフが教えてくれます。

刈り取り後の畑。季節ごとの風景がパノラマで広がります。

現在クラークホースガーデンを運営するのはしゅうさん(乗馬をするときに呼び合うウェスタンネーム)こと、2代目の小野塚周作さん。創業者である父が、趣味の乗馬が高じて縁あって友人の馬を引き取り、離農する農家さんからこの広い土地を買い受け、新天地として切り拓いていきました。やがて、ここでより多くの人にウエスタン乗馬を楽しんでもらおうと、クラークホースガーデンをオープン。ちなみにクラークとは、父のウェスタンネーム。

「馬が好きなので、馬といい関係をつくっていくことを大切にしています」。厳しくもやさしい態度で馬に接する姿が印象的なしゅうさん。

以前は東京で貿易関係の仕事をしていたしゅうさん。ご両親に頼まれて7年前に戻ってからは、馬に接しながら乗馬や馬への知識を独自に深めてきました。
「ただ乗馬するというだけでなく、馬と一体となって過ごす豊かなひとときを感じてもらえたら」

デスクワークが多かった前職を振り返り、「直接お客さんといろいろなお話をして、自然のなかで乗馬を楽しんでもらい、ありがとうと言ってもらえるこの仕事が好きです」と笑顔で語ってくれました。

雄大な風景のなかに身を置き、馬とふれ合い、桜岡を散策したあとはカフェで休憩、夜はコテージでまったりと過ごす……。クラークホースガーデンは訪れる人が贅沢なひとときを満喫できる、とっておきの名所です。

どこを見ても絵になるガーデンの中。歩いていると、愛犬のアビーがついてきてくれます。

Information

クラークホースガーデン
(乗馬体験・MaM’sカフェ・コテージ宿泊)

住所 北海道旭川市東旭川町桜岡160-4

TEL 0166-36-5963

営業時間 夏期10:00〜日没、冬期はお問い合わせください

定休日 夏期木曜、冬期不定休

料金 素泊まり1名4500円(一棟貸しプランあり)※コテージ宿泊定員1〜6名

乗馬メニュー 引き馬約5分1000円、園馬場レッスン15分2600円、外乗40分6000円〜ほか

※カフェ利用の場合は上記電話番号から要予約

駐車場 あり

Web http://clark-horse.sakura.ne.jp/

おすすめの立ち寄りスポット ①

旭川市旭山動物園

「伝えるのは命」をテーマに、動物の自然な姿や動きが見られる行動展示が人気。海の中から見上げるような水中トンネルなど、飼育員のアイデアを生かした展示は大人でも発見の連続。動物へのエサやりの時間「モグモグタイム」もチェックして。園内では旭山動物園・飼育員出身の絵本作家あべ弘士さん作の動物サインが可愛い。園内は勾配があるため歩きやすい靴がおすすめ。

住所 旭川市東旭川町倉沼

TEL 0166-36-1104

夏期開園 9:30~17:15(入園16:00まで)※2017年4月30日〜11月3日 ※時期により開園時間短縮あり

冬期開園 10:30~15:30(入園15:00まで)2016年11月11日〜2017年4月29日

料金 大人820円、小人(中学生以下)無料 おもてなし券、団体割引、市民特別料金あり

駐車場 あり

Web http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/

おすすめの立ち寄りスポット ②

レストラン エスペリオ

旭山動物園通り沿いにある、道産の新鮮食材をふんだんに取り入れたファーマーズレストラン。牛の赤身肉が旨味たっぷりの特製ハンバーグや、興部町〈ノースプレインファーム〉のチーズを使った「おこっぺモッツァレラのピザ」(ランチ1380円)やソフトクリーム(300円)のほか、チーズや焼き菓子の販売も。旭川空港内にもミルクスタンドがあるので、立ち寄ってみては。

住所 北海道旭川市東旭川町上兵村240-8

TEL 0166−36−3563

営業時間 11:00~21:00(20:30L.O.)

ランチタイム 平日11:00~14:30、土日11:00~15:00

定休日 夏季(7月1日~9月30日)無休、それ以外は火曜休

駐車場 あり

Web http://esperio.co.jp/

エスペリオ ミルクスタンド

住所 北海道上川郡東神楽町東2線16号98番地 旭川空港2F出発ロビー左

営業時間 7:55~20:00

定休日 なし

駐車場 あり

photo:minaco text:akiko yamamoto

SHORT TRIP Guides
北海道の小さな旅ガイド
トップ →

空港で選ぶ、週末トリップ
from 旭川空港
ノスタルジック散策
トップ →

WEEKEND TRIP

ノスタルジック散策 from 旭川空港

PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構