GoodDay北海道 » イベント・祭り » 札幌・定山渓エリア » 灯籠流し

灯籠流し

(情報提供元:ぐうたび北海道)

各地の自然災害の犠牲者や、尊い命を奪われた戦没者の慰霊のために祈りが捧げられます

約800個の灯篭が闇を照らしながら流れてゆく

毎年8月15日に中島公園内日本庭園の池で行われる「灯籠流し」。灯籠流しは、お盆の行事である「送り火」の一種で、戦没者や先祖などの死者の魂を弔うために、灯籠を海や川などに流す行事のことです。当日は約800個の灯籠が用意され、あたりが暗くなり始める18時半頃に、明かりを灯された灯籠が日本庭園内の池に流されます。闇を照らしながら流れてゆく灯籠は幻想的な雰囲気を醸し出し、見送る人々はその姿に静かに手を合わせます。

このスポットに行ってみたい!
と思ったら星をつけて「評価する」をクリック!

所在地 札幌市中央区中島公園1−1(中島公園内日本庭園の中の池)
お問い合わせ 011-511-7634(妙心寺)
開催日 2018年08月15日
アクセス方法 地下鉄南北線幌平橋駅より徒歩5分
駐車場 なし
URL http://myoushinji.org/
この記事が関連付けられているタグ: 新千歳空港 アート・歴史・文化に触れる
PAGETOP