facebook
GoodDay北海道 » イベント・祭り » 松前・江差エリア » 上ノ國八幡宮例大祭・渡御祭

上ノ國八幡宮例大祭・渡御祭

御徒士(おかち)が足を左右に振り上げ、「やぁ来たり!」と掛け声を上げながら上ノ国地区を巡行する「御徒士行列」

江戸時代より続く伝統の祭り

北海道内に現存する神社建築では最古に属する上ノ國八幡宮。町指定有形文化財で、本殿は1699(元禄12)年の建立です。上ノ國八幡宮例大祭は江戸時代中期以来の伝統を誇り、祭囃子が鳴り響く中、山車(だし)や神輿、御徒士(おかち)行列が町内を練り歩きます。中でも御徒士行列は、松前藩が祖先の上ノ国に敬意を表し、例大祭の時、徒歩でお供をする住人に武士の格好(かみしも)を許したことに由来すると言われています。

所在地 上ノ國八幡宮境内(上ノ国町字上ノ国238)と上ノ国地区の全域
お問い合わせ 0139-55-2065(上ノ國八幡宮社務所)
開催日 2016年09月17日 ~ 2016年09月18日
アクセス方法 JR木古内駅からバス、大留停下車。徒歩3分の上ノ国駅前停から小砂子線バスに乗車し、上ノ国停で下車、徒歩3分 落部ICから車で約1時間40分
駐車場 なし
URL http://www.town.kaminokuni.lg.jp/
この記事が関連付けられているタグ:
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構