facebook
GoodDay北海道 » シマフクロウ

シマフクロウ

北海道の守り神、シマフクロウ

爽涼な眼差しで
森を見守る
世界最大のフクロウ

深い森に身をひそめ、私たちの訪れを見守るのがシマフクロウです。体重約4kg前後、体長約70cm、翼を広げると180cmを超え、フクロウの中では世界一の大きさを誇ります。広大な森に生息し、日本では北海道東部の知床や根室、日高地域でのみ見ることができます。生息数は140羽前後と希少価値が高く、国を挙げての保護活動が行われています。豊かな自然の中でそっと耳を澄ませば、シマフクロウのささやきが聞こえてくるかもしれません。

開拓の歴史とともに
歩みを進めた
守り神

その昔、シマフクロウは「コタンコロカムイ(村の守り神)」と呼ばれ、アイヌ民族の中では守護神として敬われてきました。現代においてもこの言い習わしは健在で、北海道のサッカーチーム・コンサドーレ札幌のマスコットになったり、企業の繁栄を願う象徴にされたりしています。北海道の歴史とともに歩みを進め、開拓による繁栄を影で支えてくれていたに違いありません。

写真提供:釧路自然環境事務所

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

シマフクロウ

所在地
営業期間
営業時間
お問い合わせ
オフィシャルサイト
アクセス
備考
関連URL 北海道シマフクロウの会
http://hokkaido-shimafukurou.org/

北海道
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/index.htm
この記事が関連付けられているタグ: 驚き これだけ 動物 見学
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構