facebook
GoodDay北海道 » エゾナキウサギ

エゾナキウサギ

手のひらサイズでまん丸姿がかわいい、暑さが苦手のウサギ

道内でも限られた
エリアにのみ分布する
氷河期の生き残り

氷河期時代を経て地球が暖かくなり、海水面が上昇して大陸と北海道が分断されると、帰れなくなったナキウサギは、冷涼な山岳地帯に移り住むことで生き残りました。現在は、1,500〜1,900mの北見山地、大雪山系、日高山系、夕張山地に生息しています。大きさは約15〜20cmほどです。巣は、夏でも通気性がよく、捕食者からの逃げ場にも最適な、大小の岩が積み重なったガレ場にあります。

無風で暖かな日には
ガレ場の上で
ほっこり日光浴

エゾナキウサギは冬眠をしない草食動物です。秋にかけて「貯食」という越冬準備を行います。草木の葉や茎、高山植物の花、シダ、コケ、キノコを好み、せっせと備える姿はとても愛くるしいものです。ちなみに北海道観光PRキャラクターのキュンちゃんは、エゾナキウサギがモチーフです。さまざまなかぶり物で、北海道のご当地をみなさんにご紹介。日々活動に勤しんでいます。

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

エゾナキウサギ

所在地
営業期間
営業時間
お問い合わせ
オフィシャルサイト
アクセス
備考
関連URL ナキウサギふぁんくらぶ
http://www.pikafan.com/fanclub/index.html

とかち鹿追ジオパーク
http://www.shikaoi-story.jp/geo-storys-2-nakiusagi.htm
この記事が関連付けられているタグ: 驚き これだけ 動物 見学
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構