facebook
GoodDay北海道 » 奥尻島

奥尻島

いつまでも滞在していたくなる魅惑の島

海上にぽっかり浮かぶ
奇岩を眺めながら
大自然と戯れる

北海道の離島、奥尻島の面積は142.73キロ平方メートル、周囲は約84kmあります。徒歩だと道路1周は約66kmです。島内は4つのエリアに分かれていて、移動は路線バス、定期観光バス(夏季限定)、ハイヤー、レンタカー、レンタサイクルを利用することができます。パークゴルフ場やキャンプ場の施設も完備し、水深25mの透明度を誇る海での海水浴などが楽しめるほか、春や秋には釣りを存分に楽しむことができます。

美しい自然風景を
愛でながら、さらなる
奥尻の魅力を探求

奥尻ではフットパスも人気です。「空港・大寺屋敷コース」「青苗岬めぐりコース」「奥尻の森と街コース」「芸術と温泉の癒しコース」が整備されています。なだらかな海岸線、牛の放牧、漁港、推定樹齢200年のブナなど、奥尻の自然に加えて、歴史や暮らし、文化などに触れることで、奥尻島の素晴らしさ、力強さをさらに実感できるはずです。出会った島人とのコミュニケーションも、一層心和ませてくれるでしょう。

お腹いっぱい
奥尻の食を
味わい尽くす

次はグルメ。ウニ、アワビ、スルメイカ、ホッケやタラといった海の幸、ギョウジャニンニク、アスパラ、フキやワラビなどの山の幸に加えて、おくしり和牛、奥尻ワインといった特産品に恵まれています。島の郷土料理「三平汁」もおすすめ。また、青苗港内の生け簀では、アワビ狩り体験ができます。自分の手で採ったアワビを船上で食す充実感はたまりません。

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

奥尻島

所在地
営業期間
営業時間
お問い合わせ 奥尻島観光協会
TEL 01397-2-3456(5〜10月:無休、11〜4月:土日祝休業)
オフィシャルサイト http://unimaru.com/
アクセス ◎函館空港から奥尻空港まで飛行機で約30分
◎JR長万部駅から函館バスでせたな町まで約1時間40分、せたな港フェリーターミナルから、フェリーで約1時間40分
◎函館空港から江差港フェリーターミナルまで車で約2時間、またはJR函館駅前から函館バスで姥神町フェリー前まで約2時間、フェリーで約2時間10分
備考 時期によってフェリーの運行状況が異なります。詳細は公式ホームページをご確認ください。
関連URL 奥尻町
http://www.town.okushiri.lg.jp/

ハートランドフェリー株式会社
http://www.heartlandferry.jp/
この記事が関連付けられているタグ: ここだけ 自然・景観 動物 見学 アウトドア 新幹線 松前・江差エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構