facebook
GoodDay北海道 » ダイヤモンドダスト

ダイヤモンドダスト

光に反射し、キラキラと輝く厳冬期の芸術

寒い冬の早朝に
大自然から気まぐれに
贈られる宝石の輝き

ダイヤモンドダストは、極寒の時期にいくつもの気象条件が揃ったときだけに出現する、美しい自然現象です。氷点下10℃以下の快晴の早朝に、無風状態で湿度があると水蒸気が急速に冷却されるため、雲になる前に氷の粒になります。空中で舞い散るこの無数の氷の粒が、日光に反射してキラキラと輝くことから命名されたようです。別名として「天使の囁き」などとも表現されています。

何かいいことありそう!
そんな予感すら感じさせる
奇跡の出会い

北海道では、名寄市、十勝エリア、弟子屈町の川湯温泉など、内陸部で比較的よく観測され、1月から2月にかけて発生する確率が高いといわれています。川湯温泉ではダイヤモンドダストの発生条件のひとつとされる、氷点下10℃以下になる日が頻繁にあることから、「ダイヤモンドダストin KAWAYU」というイベントが開催されています。スノーキャンドル作り、人工発生によるレインボーダイヤモンドダストなど、さまざまな催しが楽しめます。

写真提供:ダイヤモンドダスト実行委員会

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

ダイヤモンドダスト

所在地
営業期間
営業時間
お問い合わせ
オフィシャルサイト
アクセス
備考
関連URL 弟子屈ナビ
http://www.masyuko.or.jp/
この記事が関連付けられているタグ: 驚き ここだけ 自然・景観 旭川エリア 宗谷・オホーツクエリア 釧路・阿寒エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構