facebook
GoodDay北海道 » けあらし

けあらし

冬の神秘。水面に立ち上がる白霧のショー

凍えるような冬の早朝
海上に白く漂う
幻想的な霧

「けあらし」とは、北海道の方言という節がありますが、気象用語では「蒸気霧」といいます。その名の通り、冷え込みが厳しい冬の早朝から午前の間、水面に白く立ち上る霧が湯気のように見える現象のことです。

地形や気温、海水温など
あらゆる気象条件が
揃うことで発生

けあらしの発生条件は、夜間の気温が放射冷却によって冷やされ、翌朝の天気が快晴であること。気温は-15℃前後、海水温との温度差は15℃以上。風速は3〜5m/sというような条件が揃うと発生しやすくなります。発生場所は、海岸より1kmから数km程度で、2〜3mのものから10mくらいの大きさのものまであります。北海道でも限られた地域でしか見ることができず、主に留萌・函館・釧路・浦河などが挙げられます。

写真提供:留萌観光協会

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

けあらし

所在地
営業期間
営業時間
お問い合わせ
オフィシャルサイト
アクセス
備考
関連URL 留萌振興局
http://www.rumoi.pref.hokkaido.lg.jp/ts/tss/kearashi_naminohana.htm
この記事が関連付けられているタグ: 驚き ここだけ 自然・景観 日高エリア 函館エリア 留萌エリア 釧路・阿寒エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構