facebook
GoodDay北海道 » アイヌの言葉

アイヌの言葉

文字を持たず、口承で語り継がれたアイヌ語

北海道の珍しい
地名の由来にも
なっているアイヌ語

アイヌ語はアイヌの人たちの独自の言葉です。このアイヌ語に触れる身近なものとして地名があります。アイヌ語の地名は北海道をはじめ、サハリンや千島列島、それに東北地方にもあります。例えば、「登別」や「稚内」にも使われている「ペッ」や「ナイ」という言葉は、アイヌ語で「川」を意味しています。このことから、こうした地方には昔からアイヌ語を話していた人たちが暮らしていたことが分かります。この他に身近なアイヌ語として、魚の「シシャモ」や海に住む動物の「ラッコ」、それにサンタクロースのソリを引く「トナカイ」などがあります。

物語を聞いて学ぶ
自然の偉大さと
暮らしの知恵

アイヌの人たちはたくさんの物語を親から子へと伝えてきました。内容は少年や少女が主人公の冒険物語や、クマやキツネなどの神様が主人公の物語、昔の出来事や昔の人が体験した話しなど、いろいろな種類の物語があります。特に、冒険物語や神様の物語は、語る人が独特のメロディに乗せて語ります。このような物語の中には、自然の中で生きていく知恵や自然を上手に使う方法などが盛り込まれていることも多く、話しを聞く中でさまざまなことを学べるようになっています。

写真提供:函館市中央図書館蔵

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

アイヌの言葉

所在地
営業期間
営業時間
お問い合わせ
オフィシャルサイト
アクセス
備考
関連URL 公益財団法人 アイヌ文化振興・研究推進機構
http://www.frpac.or.jp/
この記事が関連付けられているタグ: 人物 アイヌ文化
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構