facebook
GoodDay北海道 » アイヌの衣服

アイヌの衣服

樹皮や魚皮、毛皮などで作られた伝統着

さまざまな素材を
用いて作られた
伝統的な衣服

日々の生活においてアイヌの人たちが身にまとう衣服には、普段着と特別な儀式のときの晴れ着とがあります。アイヌの人たちが作り上げた伝統的な衣服には、オヒョウニレやシナノキなどの樹木の内皮で織った衣服、サケ、マスなどの魚皮を継ぎ合わせて作った衣服、アザラシ、ヒグマなどの動物の毛皮で作った衣服、エトピリカの鳥羽を縫い合わせて作った衣服があります。

他民族との交流や
交易によって
入手された晴れ着

また、晴れ着には、和人など他の民族との交流、交易で手に入れた木綿や絹製の布で作られた衣服や山丹服、陣羽織のように他の民俗が使用した衣服を手に入れて儀式用に着られた衣服などがあります。また、衣服の他に身につけられるものには、儀式や労働のときの鉢巻き、手甲、脚絆、前掛けや冬山などで狩りをするときに寒さを防ぐ木綿や毛皮でできた帽子、サケ皮、シカ皮で作られた靴などがあります。

写真提供:函館市中央図書館蔵

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

アイヌの衣服

所在地
営業期間
営業時間
お問い合わせ
オフィシャルサイト
アクセス
備考
関連URL 公益財団法人 アイヌ文化振興・研究推進機構
http://www.frpac.or.jp/
この記事が関連付けられているタグ: 人物 アイヌ文化
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構