facebook
GoodDay北海道 » 冬の観光列車

冬の観光列車

レトロな列車で北海道の白銀世界を駆け抜ける

四半世紀の休息を超えて
復元した蒸気機関車が
勇壮に走り出す

一面の銀世界を、轟音と蒸気を上げて力強く走行する漆黒の蒸気機関車「SL冬の湿原号」は、2000年から冬季限定の臨時列車として運行されています。その車体は1940年に製造された「C11 171」で、1975年の引退後に標茶町の公園で保存されていたものを復元しました。JR釧網本線の釧路駅と標茶駅の間を、片道約1時間半かけて1日1往復します。一部は川湯温泉まで延長運転し、険しい峠道をものともせずに登っていきます。

レトロな車窓からは
釧路湿原の
雄大な自然が楽しめる

客車にはニス塗りの木材を多用し、徹底してレトロな雰囲気に仕上げています。車内の暖房はダルマストーブ。カフェカーで販売しているスルメを網であぶって食べることもできます。列車は釧路湿原の中を抜けて走り、同乗するガイドが車窓から見える湿原の自然を解説してくれます。途中で鶴の給餌場がある茅沼駅に停車するため、運がよければ天然記念物・タンチョウの姿が見られるかもしれません。

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

冬の観光列車

所在地
営業期間
営業時間
お問い合わせ JR釧路駅
TEL 0154-24-3176
オフィシャルサイト http://www.jrkushiro.jp/
アクセス
備考
関連URL JR北海道釧路支社
http://www.jrkushiro.jp/conressya/slc11.htm

JR北海道 列車ガイド
https://www.jrhokkaido.co.jp/train/tr022_01.html

eco旅ナビ SL冬の湿原号
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/ssi/eco-tour/k35.htm

一般社団法人 釧路観光コンベンション協会
http://www.kushiro-kankou.or.jp/

知床斜里町観光協会
http://www.shiretoko.asia/

一般社団法人 網走市観光協会
http://www.abakanko.jp/
この記事が関連付けられているタグ: 驚き 人気 自然・景観 見学 乗り物
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構