facebook
GoodDay北海道 » 秘境駅

秘境駅

人里離れた最果ての地を巡る電車旅

自然の中にただひとつ
たたずむ駅が
いつしか話題に

山の奥深く、もしくは大草原の中に駅だけがぽつりとある。周囲に集落もなく、誰が利用しているのか分からない店・・・・・・そんな駅が、いつの頃からか鉄道ファンから「秘境駅」と呼ばれるようになりました。沿線人口が減ってしまった路線が多い北海道は、秘境駅の宝庫です。近年では秘境駅のファンが増えてきたことから、地元の秘境駅を巡るツアーを行う自治体も出てきました。

断崖絶壁に囲まれた
誰もいない
“日本一”の秘境駅

秘境駅の中でも、鉄道ファンから日本一と称されているのが、JR室蘭本線の2つのトンネルに挟まれた80mほどの区間にある「小幌駅(豊浦町)」。1928年に鉄道が開通した際に信号所が設けられ、それが駅に昇格した背景があります。鉄道の複線化で無人駅となってからは住民も消え、鉄道でしか辿り着けない駅となりました。2015年に駅廃止の話が浮上しましたが、豊浦町が維持費用の支援を表明し、存続が決まりました。

消えゆく秘境駅
そのもの悲しさも
心をとらえる

周囲に民家すらない、林の中にひっそりと存在しているのが、JR根室本線の「古瀬駅(白糠町)」。青々とした牧草地の中に板張りのホームがぽつんとある、JR宗谷本線の「糠南駅(幌延町)」など、他にも秘境に潜む駅はいっぱいです。しかし、廃止が決まった駅以外にも、JR日高本線は土砂流出で不通が続くなど、秘境駅に過酷な状況が続いているのも現実です。

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

秘境駅

所在地
営業期間
営業時間
お問い合わせ
オフィシャルサイト
アクセス
備考
関連URL 「日本一の秘境駅」小幌駅(豊浦町ホームページ)
http://www.town.toyoura.hokkaido.jp/hotnews/detail/00002331.html

JR古瀬駅のご紹介(JR北海道釧路支社)
http://www.jrkushiro.jp/eki/nemuro_h/furuse.html
この記事が関連付けられているタグ: おもしろネタ ここだけ 自然・景観 見学 乗り物
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構