facebook
GoodDay北海道 » 流氷砕氷船

流氷砕氷船

道東の冬の風物詩

厚い氷も押し割る
パワフルな大型船
「おーろら号」

流氷を海上から見たいなら、流氷をかきわけて進む砕氷船が最適です。網走発着の「流氷観光砕氷船おーろら」は450名定員の大型船で、南極観測船と同じ構造を持っています。一般船の倍の出力で船首から氷に乗りかかり、船の重みで氷を砕いて進みます。砕かれた流氷は船底に沿って船の側面に浮かぶため、その大迫力の様子が間近に見られる1階のサイドデッキは特等席。展望デッキに出れば、流氷を砕く音も聞こえてきます。

巨大なスクリューが
力強く氷を割る
「ガリンコ号Ⅱ」

紋別からは「流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱ」が出航しています。定員195名の船の先端には、大きな2本のスクリューが取り付けられています。薄い氷はそのまま砕き、厚い氷は船首を乗り上げ、スクリューを押し割って前進。1階の船首室からは、氷を豪快に砕くスクリューが間近に見られます。2月の早朝6時に出航するサンライズクルーズコースもおすすめ。流氷の海から眺める朝日は感動の一言に尽きます。

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

流氷砕氷船

所在地
営業期間
営業時間
お問い合わせ
オフィシャルサイト
アクセス
備考
関連URL 網走流氷観光砕氷船おーろら
http://www.ms-aurora.com/abashiri/

オホーツク紋別 流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱ
http://www.garinko.com/

海氷情報センター
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN1/1center.html
この記事が関連付けられているタグ: 驚き 人気 自然・景観 見学 乗り物 宗谷・オホーツクエリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構