facebook
GoodDay北海道 » 中空土偶

中空土偶

国の重要文化財指定、そして北海道唯一の国宝、中空土偶

北海道が誇る
函館市で出土した
貴重な歴史的遺物

1975年、函館市南茅部地区(旧南茅部町)で農作業中の住民によって発見されました。発見から4年後の1979年には国の重要文化財に指定され、2007年には北海道唯一の国宝となりました。南茅部の「茅(カヤ)」と、中空土偶の「空(クウ)」を合わせて、「茅空(カックウ)」という愛称で親しまれ、その穏やかな表情、美しいボディライン、巧みな幾何学模様などから、「北の縄文ビーナス」として人気を集めています。

縄文時代後期後半の
特徴が色濃く表れた
国内最大級の土偶

高さ41.5cm、幅20.1cm、重さ1.745kg。中が空洞となっている中空土偶の中では、国内最大の大きさです。正面を向いた顔、左右に大きく張った肩、くびれた胴、長い両脚で均整が取れた極めて精巧で写実的な作りで、表面もよく研磨されています。配石を伴う土坑墓群に関連して埋葬された可能性が高く、当時の祭祀や呪術的な生活文化を知ることができる重要な手がかりとなっています。

器用な人も
不器用な人も
縄文人の気分で

この中空土偶は、道の駅機能を併せ持った博物館「函館市縄文文化交流センター」で常設展示されていますが、その他、南茅部縄文遺跡群を中心に、函館市の縄文遺跡から出土したさまざまな土器や石器などの遺物を数多く展示しています。また、ミニチュア土器づくり、カックウの顔づくり、土笛づくり、縄文ペンダントづくり、縄文編み(初級・上級コース)、組みひもアクセサリー、拓本とりが体験メニューとして楽しむことができます。

写真提供:函館市所蔵

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

中空土偶

所在地 〒041-1613 函館市臼尻町551-1
営業期間
営業時間 開館時間
9:00〜17:00(4/1〜10/31)  9:00〜16:30(11/1〜3/31)
お問い合わせ 函館市縄文文化交流センター
TEL 0138-25-2030
オフィシャルサイト http://www.hjcc.jp/index.html
アクセス ◎ 函館空港から車で約40分
◎ JR函館駅から車で約1時間
備考 休館日:毎週月曜(祝翌日)、毎月最終金曜、年末年始
入館料:一般300円、学生・生徒・児童150円、未就学児無料
関連URL 北海道歴史・文化ポータルサイト AKARENGA
http://www.akarenga-h.jp/hokkaido/jomon/j-06/

北海道環境生活部縄文世界遺産推進室
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/bns/jomon/index.htm

北海道教育委員会世界遺産ポータル
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/bnh/wh.htm

北の縄文道民会議
http://www.jomon-do.org/

函館市公式観光情報サイト「はこぶら」
http://www.hakobura.jp/deep/2011/09/post-182.html
この記事が関連付けられているタグ: これだけ 歴史 見学 新幹線 函館エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構