facebook
GoodDay北海道 » 鰊御殿

鰊御殿

ニシン漁全盛時代を偲ばせる、各地に建築された豪奢な番屋

ニシン漁の繁栄ぶりが
木組みやデザインに
残された豪壮な番屋

明治から大正にかけて、「一起こし千両万両」といわれた、ニシン漁の全盛時代が訪れます。日本海側沿岸の各地に建築されたニシン番屋には、各地から漁場の労働者であるヤン衆が集まり、100人以上が寝泊まりしました。この時代の網元は莫大な利益を得たことで、日数や費用に糸目をつけずに、本州から高価な資材を運び、優れた技量を持つ大工を使って「鰊(にしん)御殿」と呼ばれる立派な番屋を建築しました。昭和初期からの衰退とともに荒れていきましたが、地元から保存の声が上がったことで、いくつかの豪壮な建物が残され、当時のニシン漁の繁栄ぶりを伝えています。

宿泊できる鰊御殿で
当時の親方の豪華な
生活ぶりを体感

現在、高級旅館として利用されている銀鱗荘は、1939年に余市町から小樽市に移築されたものです。建てたのは越後出身の初代・猪俣安之丞で、一介の漁場手伝いから、余市で鰊漁場経営の他に海産物商、廻船問屋、金貸業などを営む富豪になった人物です。建物の設計施工には、越後の宮大工が当たり、高価な建築資材を惜しげもなく用いるとともに、随所にさまざまな工夫が凝らされています。

明治時代の原型を
留めた、最大規模を
誇る番屋

小樽市鰊御殿は、1897年に積丹地方で有数の漁場を経営し、「鰊大尽」と謳われた田中福松が元々、古宇郡泊村に建てたものです。1958年に現在地に移築復元。小樽市に寄贈され、1960年に北海道の民家では初めて「北海道有形文化財鰊漁場建築」として、文化財に指定されました。ニシン漁やニシン加工に使われた道具や、番屋で暮らした人々の生活用具や写真などを展示しています。また、当時の作業スタイルを体験することもできます。

写真提供:北海道開拓の村

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

鰊御殿

所在地
営業期間
営業時間
お問い合わせ
オフィシャルサイト
アクセス
備考
関連URL 北海道デジタル図鑑
http://www1.hokkaido-jin.jp/zukan/story/03/11.html

小樽市
http://www.city.otaru.lg.jp/kankou/miru_asobu_tomaru/kokyo_sisetu/nisingoten.html
この記事が関連付けられているタグ: ここだけ 歴史 見学 小樽・余市エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構