facebook
GoodDay北海道 » 蝦夷地から北海道へ

蝦夷地から北海道へ

北海道の近代化への序章

太政官布告によって
「北海道」へ改称

かつて北海道は「蝦夷島」「蝦夷地」などと呼ばれていました。箱館戦争終結後の1869年7月、明治新政府は開拓使を設置しました。翌8月、太政官布告によって、蝦夷地は「北海道」へと改称されました。明治新政府は、全国各地からの移民により開発することによって、資源の少ない日本を大きく変えようとしましたが、財政事情から政府のみでの蝦夷地経営は難しく、諸藩等へ分領して支配させました。

「北海道」命名に
至るまでの経緯

幕末の探検家・松浦武四郎が名付け親とされています。松浦は道名に関する意見書で、日高見・北加伊・海北・海島・東北・千島の6つの候補名を挙げました。このうち、北加伊に、律令制の五幾七道(東海道、東北道、北陸道、山陰道、山陽道、西海道、南海道)に類した「北海道」の字をあてて採用されました。

写真提供:北海道立文書館、松浦武四郎記念館蔵

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

蝦夷地から北海道へ

所在地
営業期間
営業時間
お問い合わせ
オフィシャルサイト
アクセス
備考
関連URL 北海道
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/bns/yurai.htm
この記事が関連付けられているタグ: おもしろネタ 歴史
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構