facebook
GoodDay北海道 » 北海道大学

北海道大学

北海道農法の構築に多大な貢献を果たした本拠地

クラークの構想により
北海道の開拓と
近代化に拍車がかかる

後に第2代内閣総理大臣となる黒田清隆の「開拓使10年計画」によって、北海道の開拓を担う人材の育成に、アメリカ・マサチューセッツ農科大学学長のウィリアム・スミス・クラークを教頭に迎え、1876年に札幌農学校(現北海道大学)が設置されます。クラークの指導によって、開校とほぼ同時に広大な農場を開き、北海道への移住者に近代的な大規模有畜農業を採り入れる拠点を作りました。

約177万㎡にも及ぶ
広大な敷地内に点在する
当時の面影

北海道大学構内にある札幌農学校第二農場は、クラークの構想によって、一戸の酪農家をイメージした畜舎と関連施設を並べ、北海道最初の畜産経営の実践農場として開設されたものです。北海道全域に畜産を広めた日本畜産の一つの発祥地としての価値と、わが国最古の希有な洋式農業建築としての価値が認められ、国の重要文化財にも指定されています。

写真提供:札幌農学校第二農場

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

北海道大学

所在地 〒060-0808 札幌市北区北8条西5丁目
営業期間
営業時間
お問い合わせ 北海道大学
TEL 011-716-2111
オフィシャルサイト http://www.hokudai.ac.jp/
アクセス ◎新千歳空港から車で約1時間
◎JR札幌駅から徒歩で約10分
備考 入構無料
車での入構不可
関連URL ようこそSAPPORO
http://www.welcome.city.sapporo.jp/find/history/hokkaido_university/

さっぽろ観光ナビ
http://sapporo-kankou.jp/spot/13/
この記事が関連付けられているタグ: ここだけ 歴史 見学 札幌エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構