facebook
GoodDay北海道 » 時計台

時計台

札幌の街並みと市民生活の移ろいを見守る

北海道の未来を担う
札幌農学校の
学生のために

時計台の正式名称は「旧札幌農学校演武場」といいます。札幌農学校は、北海道大学の前身で、北海道開拓の指導者を育成する目的で1876年に開校しました。演武場は、有事に学生が屯田兵の指揮官となるとともに、開拓指導者として強い体力を養うことを目的とした施設です。クラーク博士の提言により、2代目教頭ホイーラーが基本構想図を作成、開拓使工業局の安達喜幸の設計・監督により、1878年に演武場が完成しました。

注文した時計機械が
予想以上に大きかった
ハプニングを乗り越え

完成した当初の演武場には時計塔はなく、授業の開始や終了を告げる小さな鐘楼が屋根の上にありました。演武場の完成式に出席した黒田清隆開拓長官の指示で、塔時計の設置が決まったと言われています。しかし注文した時計機械が予想以上に大きく、設置することができなかったのですが、ホイーラーはこの塔時計をもって、札幌の標準時刻とすることの大切さを黒田に説得。1881年、演武場に時計塔を造り直し、設置されたのです。

札幌市民の暮らしに
大きく根ざし
時を刻んでいく

その後、塔時計は1888年に札幌の標準時計に指定されます。1里四方に響き渡った鐘の音は「農学校の大時計」として市民に親しまれ、1903年の農学校移転の頃より「時計台」と呼ばれるようになります。1961年に札幌市の有形文化財第1号に指定、1970年には国の重要文化財に指定。1996年には環境庁の「日本の音風景百選」に選定され、さらに2009年、塔時計は(社)日本機械学会より、第32番目の「機械遺産」に認定されました。

写真提供:北海道大学付属図書館所蔵、「明治・大正期の北海道(写真編)」からの転載

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

時計台

所在地 〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目
営業期間
営業時間 開館時間
8:45〜17:10(入館は17:00まで)
お問い合わせ 札幌市時計台
TEL 011-231-0838/011-231-0804(電話受付時間 8:45〜17:10 ※休館日を除く)
オフィシャルサイト http://sapporoshi-tokeidai.jp/know/walking.php
アクセス ◎新千歳空港から車で約1時間
◎JR札幌駅から徒歩約10分
備考 観覧料:大人200円(高校生以下、無料)
休館日:第4月曜日(祝日の場合は翌日、5〜10月は開館)、年末年始
関連URL ようこそSAPPORO
http://www.welcome.city.sapporo.jp/find/history/clock_tower/

さっぽろ観光ナビ
http://sapporo-kankou.jp/spot/3/
この記事が関連付けられているタグ: 人気 ここだけ 歴史 見学 札幌エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構