facebook
GoodDay北海道 » 小樽運河

小樽運河

開拓時代の港湾都市・小樽の海運を支える

港湾としてさらなる
発展、繁栄に伴い
整備された運河

小樽港は北海道開拓の玄関口として発展してきました。当時は、大きな船を沖に泊め、はしけ(台船)を使って荷揚げしていましたが、取り扱う荷量が多くなったことから、はしけが直接倉庫の近くまで入って行ける水路を作りました。これが小樽運河です。小樽運河は1923年に完成し、 内陸を掘り込んだ運河ではなく、海岸の沖合いを埋め立てて造られたため、直線ではなく緩やかに湾曲しているのが特徴となっています。

時代の変移とともに
北海道有数の
人気観光地へ

時代が変わり戦後になると、港の埠頭岸壁の整備により、その使命は終わりを告げることとになります。1986年、十数年に及んだ埋立てを巡る論争の末に一部を埋立て、幅の半分が道路となり、散策路や街園が整備された現在の姿に生まれ変わりました。運河の全長は1,140mで、散策路には63基のガス灯が設置され、運河沿いの石造倉庫群は当時の姿のまま再利用されています。夕暮れ時にはガス灯が灯り、石造倉庫群がライトアップされ、昼間とは違った幻想的な雰囲気に包まれます。

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

小樽運河

所在地 〒047-0007 小樽市港町
営業期間
営業時間
お問い合わせ 小樽市産業港湾部観光振興室
TEL 0134-32-4111
オフィシャルサイト
アクセス ◎新千歳空港から車で約1時間20分
◎JR小樽駅から徒歩で約10分
備考
関連URL 小樽市
http://www.city.otaru.lg.jp/kankou/miru_asobu_tomaru/kankosisetu/otaruunga.html

おたるぽーたる
http://otaru.gr.jp/
この記事が関連付けられているタグ: 人気 ここだけ 歴史 見学 小樽・余市エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構