facebook
GoodDay北海道 » 特別史跡 五稜郭跡

特別史跡 五稜郭跡

春は桜の名所、冬は堀がライトアップされる、道内有数の観光スポット

戊辰戦争最後の戦場
箱館戦争の
舞台となった場所

徳川幕府の命を受けた蘭学者・武田斐三郎が設計し、1864年に完成された、国内初の西洋式城郭です。五稜郭という名前のように、稜堡(りょうほ)と呼ばれる5つの角があり、星形の五角形となっています。星形の城郭は、防御側の死角が少ないなどの利点があり、ヨーロッパ各地に造られた城塞都市をヒントにしたもので、この形を「西洋式土塁」といいます。このような形の五稜郭は、日本では函館市の五稜郭と長野県佐久(さく)市の龍岡城(たつおかじょう)の2ヵ所だけとなっています。

そして戦いの舞台は
時代の変遷とともに
市民の憩いの場へ

箱館戦争後は、明治政府兵部省が管理することになり、その後は役所として利用されることはありませんでした。1871年、開拓使本庁の札幌移転に伴い、その庁舎建設のため、木材不足から奉行所庁舎や付属建物の大半を解体。1873〜1897年までは陸軍省の練兵場として利用されます。五稜郭公園として一般開放されるようになったのは、1914年以降になります。1922年に国指定史跡、1929年に郭外の追加指定、1952年には北海道唯一の国指定特別史跡へ。2010年には箱館奉行所が復元公開されました。

眼前に広がる
四季折々の
異なる装い

五稜郭を一望できるのが、107mの高さを誇る五稜郭タワー。展望台からは、計算され尽くした五稜郭の全貌を見下ろすことができます。施設の中にはジオラマや模型などで五稜郭にまつわる歴史を学べる展示スペースもあるので、知識も一層深まります。4月下旬頃からは園内に咲き誇るソメイヨシノが、12月から2月は五稜郭の堀を電球で飾る「五稜星の夢」によって、美しい星形が浮かび上がります。

写真提供:函館市教育委員会

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

特別史跡 五稜郭跡

所在地 〒040-0001 函館市五稜郭町44
営業期間
営業時間 開園時間
郭内入場 5:00〜19:00(4〜10月) 5:00〜18:00(11〜3月)
お問い合わせ 函館市教育委員会生涯学習部文化財課
TEL 0138-21-3456
オフィシャルサイト http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2014011601161/
アクセス ◎函館空港から車で約20分
◎JR函館駅から車で約15分
備考 料金:公園内は無料、奉行所は有料
関連URL 函館市公式観光情報サイト「はこぶら」
http://www.hakobura.jp/db/db-view/2011/04/post-122.html

五稜郭タワー
http://www.goryokaku-tower.co.jp/

箱館奉行所
http://www.hakodate-bugyosho.jp/
この記事が関連付けられているタグ: 人気 ここだけ 歴史 見学 新幹線 函館エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構