facebook
GoodDay北海道 » 江差追分

江差追分

海を越えて、海浜に生きる江差の風土に根付いた民謡

日本を代表する
民謡のひとつ
江差追分

起源については文献もなく成立年代も不明ですが、その昔、信州の浅間山麓辺りの街道を往来する馬子たちが唄っていた馬子唄がルーツだといわれています。その馬子唄が一種の流行唄として全国各地に広まり、越後に伝わったものは舟唄として唄われるようになりました。後々、蝦夷地通いの北前船の船頭や船子たちによって江差に運ばれることになり、この地で労働歌やお座敷唄として多くの人々に愛され唄い伝えられることになります。

活気あふれる港町で
口ずさまれ
アレンジが加わる

一方、伊勢松坂節は、松崎兼良によって編曲されて松坂くづしとなり、越後での祝い事の際に謙良節として唄われるようになりました。これが民衆に唄い込まれるようになって江差にも入り、江差の漁場と商港という環境、そして北国の厳しい自然と生活の中で独特の情緒を持った江差追分が誕生し、今日にも伝わる「七節七声」で唄う正調江差追分が完成したのです。

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

江差追分

所在地 〒043-0034 檜山郡江差町字中歌町193-3
営業期間
営業時間 開館時間
9:00〜17:00
お問い合わせ 江差追分会館
TEL 0139-52-0920
オフィシャルサイト http://esashi-oiwake.com/
アクセス ◎函館空港から車で約2時間20分
◎JR函館駅から車で約2時間
備考 入館料:大人500円、小中校生250円
休館日:4/1〜10/31まで無休。11/1〜3/31までは月、祝日の翌日、年末年始
関連URL 北海道デジタル図鑑
http://www1.hokkaido-jin.jp/zukan/story/03/07.html

江差町
http://www.hokkaido-esashi.jp/
この記事が関連付けられているタグ: おもしろネタ 歴史 新幹線 松前・江差エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構