facebook
GoodDay北海道 » ソーラン節

ソーラン節

活気溢れる鰊漁場で、威勢のいい男たちの歌声がこだまする

鰊漁場に響いた
男たちの
豪快な労働歌

古くから鰊の漁場として日本海沿岸部の積丹半島から余市一帯には「一起こし千両、万両」といわれた、ニシン漁の全盛時代がありました。北上するニシンを追って、人が動き、物が動き、金が動いたのです。各地の漁場から集った労働者であるヤン衆が、あふれんばかりの鰊でいっぱいになった網を沖合で汲み上げるときの拍子とりに歌ったのが「沖揚げ音頭」、ソーラン節です。

船出から陸揚げまで
作業別の一体感と
力入れに口ずさむ

一般的に知られているソーラン節(沖揚げ音頭)は、「正調鰊場音頭」の1編で、本来、「正調鰊場音頭」は、船漕ぎ音頭、綱起こし音頭、子たたき音頭の3編を加えた、合計4編で構成されています。これらを鰊漁のひとつの物語として、全盛時を窺い知ることができます。それぞれの地域によってソーラン節は、掛け声のバリエーションはいろいろありますが、その歌いやすさから、北海道で最も親しまれている民謡です。

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

ソーラン節

所在地
営業期間
営業時間
お問い合わせ
オフィシャルサイト
アクセス
備考
関連URL 北海道デジタル図鑑
http://www1.hokkaido-jin.jp/zukan/story/03/07.html

積丹町
http://town-shakotan.com/modules/pico/content0034.html
この記事が関連付けられているタグ: おもしろネタ 歴史 小樽・余市エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構