facebook
GoodDay北海道 » 松前神楽

松前神楽

北海道指定無形民俗文化財に指定される伝統芸能

神官から神官へ
神事性が強調された
芸術性の高い民俗芸能

松前神楽は、1674年にさまざまな神楽、能・雅楽などの伝統芸能を集大成し、福山(松前)城内で松前藩第6代藩主・矩広が藩の行事として行ったのが公式の始まりとされています。当時の松前神楽は、松前城下7社と周辺の神社の神職によって演じられ、家ごとにその技術が伝えられていきました。古くから神官のみに継承されてきたため、洗練された伝統芸能として育ち、主に道南地域の神社において祭礼の際に舞われています。

今なお受け継がれる
約350年の歴史ある
厳格な作法

現在は、松前・福島・函館・小樽の4地区の保存会で伝承されています。12事の湯立の儀式と21事の舞楽を合わせた33の神事で構成されており、その中には、松前藩主が創作した神遊舞(かみあそびまい)、荒馬舞(あらうままい)など、北海道の独自性をよく表しているものがあります。松前神楽の特色は、他の地方のように神楽司など専門の演者が舞うのではなく、祭典に奉仕した神職が神楽を舞うことです。

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!

松前神楽

所在地
営業期間
営業時間
お問い合わせ
オフィシャルサイト
アクセス
備考
関連URL 北海道松前藩観光奉行
http://www.asobube.com/database.cgi?dbnum=106&dbkonum=0

福島町観光協会
http://www.town.fukushima.hokkaido.jp/div/kankou/spot/geinou/matumaekagura.html

文化遺産オンライン
http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/137157
この記事が関連付けられているタグ: おもしろネタ 歴史 新幹線 函館エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構