facebook
GoodDay北海道 » これぞ!HOKKAIDO » 高さ制限わずか1.55m?北海道内の低すぎる高架下道路を探せ!
これぞ!
HOKKAIDO

高さ制限わずか1.55m?北海道内の低すぎる高架下道路を探せ!

鉄道の下をくぐる高架下(ガード下)の道路。北海道にはそれほど数は多くないものの、低すぎる高架下道路があるというのです。中には、あまりに低すぎて、歩いてくぐろうとすると頭をぶつけてしまうところも。今回は北海道内の低すぎる高架下道路を紹介しましょう。

道内に幾つかある高さ制限の低い高架下道路

高架道路の場合はそれほど事例はありませんが、鉄道の下をくぐる道路の場合に高さ制限の低い例がみられます。例えば、小樽市の函館本線・南小樽ー小樽築港間の高架をくぐる道路の中には、「高さ制限1.8m」の標識が掲げられている箇所があります。

函館市の高さ制限1.7mの道路

 

 

函館市の五稜郭駅北側にある高架下道路の入口には、「高さ制限1.7m」と標示されています。当然、大型トラックは通行できません。この道路は比較的交通量もあるのですが、高さは低く、暗く、じめっとしており、地元では「お化けトンネル」と呼ばれてきました。

 

しかし、これらよりもさらに低い高架下道路が伊達市にあるのです。

高さ制限わずか1.55m!伊達市にある、頭をぶつける高架下

高さ1.55mの高架下道路

 

 

伊達市、JR室蘭本線・長和ー伊達紋別間の市道古川線。ここに高さ制限の低すぎる高架下道路があります。

 

高架下の入口に掲げられているのは「高さ制限1.55m」の看板とゲート。身長より低いではありませんか! セダンタイプの自動車であればギリギリ通れそうですが、ミニバンタイプはおろか、軽自動車でもトールワゴンタイプは厳しそうです。

 

では、人は通行できるのでしょうか? 身長170cmある人がくぐろうとすると、文字通り頭を天井にぶつけます。そのため、少しかがんで高架下をくぐらなければなりません。自動車通行可能な高架下トンネルとしては道内でも指折りの低さではないでしょうか。

身長170cmのモデルは頭を下げないと通れなかった

 

 

市によると、この市道に鉄道高架が作られたのは1968年。車はすれ違えず、一台通るのがやっと。この市道は今でも長和地区の人たちの生活道路として使われており、時々自動車が通っています。

 

JR長和駅からは伊達紋別駅側に徒歩約10分の距離。ご通行の際は頭をぶつけないようご注意ください。そして、車で通ってみたい方はセダンタイプまたはオープンカーで行かれることをお勧めします!

この記事が関連付けられているタグ: 驚き ここだけ 登別・洞爺・室蘭・苫小牧エリア 函館・湯の川・大沼・鹿部エリア 小樽・キロロ・積丹エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構