facebook
GoodDay北海道 » これぞ!HOKKAIDO » 北海道ドライブを120%楽しむ方法~道路標識のススメ~
これぞ!
HOKKAIDO

北海道ドライブを120%楽しむ方法~道路標識のススメ~

北海道の初夏は絶好のドライブシーズン!
見渡す限りの海、空、山、そして延々と続く道、道、道・・・・
そんな広大な北海道ドライブをちょっと違った角度で
「なに?この標識!?」という要素で楽しむことができます。
今回は珍しい道路標識の中でも、思わずほっこりしてしまう動物標識編です。

北海道には沢山のオモシロ標識がありますが、「序の口」としてご覧ください。 

まずは王道の・・・・

牛です!

 

北海道 = 牛(ホルスタイン)のイメージをお持ちの方も多いかもしれません。牛が道路を横断をすることも珍しくありません。 ちょっと気になるのが 動物注意 という表記です。「牛は北海道では最もポピュラー家畜のポジションを築いて久しいが、カテゴリとしては動物なんだぞ!」 と言わんばかりに存在感を出していますね。

お次も北海道の野生動物としてのイメージが強い・・・・

「ルールルルル♪」 でお馴染みのキタキツネです。
 

車で夜道を走っていると、不意に路肩からキラッと光る何者かがいますが、大半はキツネです。(もちろん猫の場合もありますが)

ちなみに、キツネは「コーンコーン」と鳴くかと思われている方もいらっしゃいますが、実際は全然違います!

気になる方はネットで探してみてくださいね。

 

 

アメリカンカントリーを彷彿とさせるかっこいいシルエット

北海道には馬もいーっぱいいます!
 

例えば全国の競走馬のうち、北海道で飼養している割合は9割以上だとか。

そんな北海道だからこそ、こんな標識にも巡り合えるかもしれません。

 

この標識のポイントは、何といっても乗馬している人が・・・

 

な、 なぜか カウボーイハットを被っているw

 

周辺の方がホントにハットを被っているのかはさておき、ちょっと小粋ですよね。

 

 

そして、ラストは。。。。

最近では農業被害が深刻な問題となっている「鹿(エゾシカ)」です。
 

地域によっては、野生のエゾシカを結構な頻度で遭遇するそうですが、もし、ドライブで鹿に遭遇することがあっても決して車内から降りたりしないでください!

 

彼ら(鹿)は、目の前で見るとかなり大きく、成獣だと体重100kgを超えるものも少なくありません。

 

 

そして俊敏な割に、思わぬ行動を取るのでいきなり車に突っ込んで来たりすることもあります。

 

 

ドライブ中に鹿に遭遇したら遠距離からクラクションなどを鳴らして人間の存在を知らせ、ビクついて走り去るのを待ってください。

 

「鹿笛」標準搭載のレンタカーも

なんと、、、レンタカー業者によっては、鹿笛が標準装備されている車もあるのだ!
 

しかも、笛といっても自動的に鹿が嫌がる音を発生させているらしく、人間の耳ではほとんど聞こえないらしい。

 

※レンタカー業者・車種によっては配備されていない場合もありますので、レンタカーショップで聞いてみよう!

 

北海道のドライブを楽しく・快適に

いかがでしたでしょうか。
 

今回ご紹介した標識はまだまだ序の口でもっとレアな標識もあるようです。

北海道ドライブの楽しみの一つになれば幸いです。

この記事が関連付けられているタグ: 驚き おもしろネタ 動物
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構