facebook
GoodDay北海道 » これぞ!HOKKAIDO » 田園から森へ。ガーデンをめぐる一日。
これぞ!
HOKKAIDO

田園から森へ。ガーデンをめぐる一日。

農村暮らしの豊かさを伝える上野ファーム。美しい山々を望む大雪森のガーデン。 趣きのちがう2つのガーデンめぐると、「北海道」の新しい表情がまた見えてくるようです。

妖精が暮らす庭が生まれました。
上野ファーム [旭川市]

ヨーロッパの伝説の妖精「ノーム」。もしも、真夜中だけ庭仕事するといわれるガーデンノームが手伝ってくれたら…。
そんな物語をコンセプトに生まれたのが、上野ファームの新しいガーデン「ノームの庭」です。

設計したガーデナーの上野砂由紀さんは、
「池のまん中の小屋でノームが暮らしています。
昼間は眠っているので、誰も小屋に入ることはできません」とにっこり。
花だけではなく、ストーリーも楽しめるすてきなガーデンです。

北海道のガーデンはシーズンが短い分、次々と花が咲くよう細かく設計されています。
特に7月から8月にかけては、驚くほど豊かに表情が変わるのだとか。
「同じ花でも本州よりも色が鮮やかだったり、ぐんぐん伸びたり。
北海道の花たちの生命力を感じながら、のんびりと過ごしてください」。

ひと休みしたくなったら「NAYA café」へ。
名前の通り、古い納屋を改装したカフェで、
100年以上続く農家である上野ファームの歴史を感じます。
野菜たっぷりのキッシュや、地元の牧場のミルクを使ったスイーツなど、
花と緑を眺めながらおいしいひと時をぜひ。

 

 

上野ファーム
旭川市永山町16丁目186
TEL:0166‐47‐8741
http://www.uenofarm.net/

この夏は、森の中でグランピングを。
大雪森のガーデン [上川町]

上野ファームから、車で約1時間。
上川町の旭ヶ丘地区は、美しい大雪山系を間近に望む絶景スポット。
この高原の森の中につくられたのが、大雪森のガーデンです。

色彩豊かな「森の花園」エリアは、上野さんが植栽デザインを担当。
「上野ファームと距離は近いのですが、標高がかなり高いので
同じ花でも開花時期が違います。そのあたりもぜひ楽しんでください」
と、上野さんに見送られ、大雪森のガーデンへ。

 

広大な森を生かしたガーデンは、他にはない花や演出が楽しめます。
花のドレスをまとったように見える「ドレスガーデンTWIN」は、絶好の撮影ポイント!

28℃以上になると生きていけないという「ヒマラヤの青いケシ」。
その花が7月に見られるのも、標高600mのガーデンならでは。

7月17日まで開催中の「グランステイ2017」は、森の中で過ごす贅沢な時間がテーマ。
いま注目の「グランピング」を体験しながら、数々の癒しのプログラムが楽しめます。

ガーデンと同じ敷地内には三國清三シェフプロデュースのレストラン&ヴィラがあり、
ちょっと足をのばせば層雲峡温泉も。宿泊をプラスして、ゆったりとした花の旅もいいですね。

大雪森のガーデン
上川町字菊水841-8
TEL:01658‐2‐4655
http://www.daisetsu-asahigaoka.jp/

この記事が関連付けられているタグ: 旬(今だけ) 旭川エリア 層雲峡・天人峡・旭岳エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構