facebook
GoodDay北海道 » これぞ!HOKKAIDO » 1934年設置で今も現役!東北以北最古の手動エレベーターが函館に!
これぞ!
HOKKAIDO

1934年設置で今も現役!東北以北最古の手動エレベーターが函館に!

エレベーターといえば、降りたい階のボタンを押して、開閉ボタンを押してというのが一般的。しかしもし、運転レバーを操作して上下させ、扉も手で開閉するエレベーターが今もあったとしたら……。函館市にはそのような手動式エレベーターがあります。しかも現役で動くものとしては東北以北最古のエレベーターといえます。

▼デパートとして開業した函館市地域交流まちづくりセンター

エレベーターがあるのは、函館市電・十字街停留所近くのレトロで重厚感ある建物、「函館市地域交流まちづくりセンター」です。大正時代の1923年に3階建ての「丸井今井百貨店函館支店」として新築されたのが始まりです。1930年に5階建てに増築した際に最初の手動式エレベーターが設置されましたが、1934年の函館大火で被害に遭い、その後の大改修で現在の手動式エレベーターが設置されました。

建物は、1969年に丸井今井デパートが本町に移転したことに伴い、1970年から函館市分庁舎として活用されました。その後2007年に改修を行って、現在のまちづくりセンターになりましたが、手動式エレベーターは今も現役。「東北以北最古の現役手動式エレベーター」とされています。

▼手動式エレベーターで5階まで乗ってみよう!

製造したのは東洋オーチスエレベーター。床には「TOYO OTIS ELEVATOR K.K」の文字が刻まれています。扉の上に目を移すと、時計のような文字盤がついています。これはエレベーターの停止階を示すもの。エレベーターの上昇下降に合わせて針が動く仕組みです。この手動式エレベーターで1階から5階まで移動することができます。

 

函館大火の教訓から、手動扉は二重構造で、外側に鉄製防火扉、内側に檻のような扉が付けられています。手動式エレベーターとはいえ、一部で電気が使われており、スイッチを入れてから稼働します。運転レバーを右に倒すと上昇し(U)、左に倒すと下降(D)、中立で停止します。

各階に停止する際は、各階の床のラインを見ながらタイミングよくレバーを操作します。停止するときはフワッと止まるのではなく、ドンッという衝撃を体に感じます。エレベーターの床と建物のフロア面に段差ができないようスムーズに止めるにはコツが必要なのだそう。デパート営業時代はこのエレベーターにお客さんが乗り、スタッフが一人ついて五感で操作していました。設置された当時は目新しいものとして注目を集めたことでしょう。

 

今も現役の手動式エレベーターは、誰でも見学・体験(操作を除く)が可能です。お問い合わせは 函館市地域交流まちづくりセンター(函館市末広町4-19、TEL:0138-22-9700)まで。

この記事が関連付けられているタグ: おもしろネタ 函館エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構