facebook
GoodDay北海道 » これぞ!HOKKAIDO » 捕って!剥いて!楽しんで!北の離島はうに三昧でした。
これぞ!
HOKKAIDO

捕って!剥いて!楽しんで!北の離島はうに三昧でした。

クリーミーな口どけ、濃厚な味、鮮やかなオレンジ色…、といえば、みなさんご存知「うに」ですよね。うにの産地として有名な利尻島・礼文島では、捕るところから食べるところまで、ぜんぶまるっと楽しむことができるのです。

そもそも「うに」ってなんだっけ?

これだけ知名度の高い「うに」ですが、その正体を知っていますか?

うには、うに綱に属する棘川動物の総称で、普段私たちが食べている部分はなんと生殖巣!保存や型崩れ防止のため、ミョウバンやアルコールが添加されていることもあって、苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが今回ご紹介するのは添加物なしのうにそのもの。

それでは、順にご紹介します!

簡単そうに見えて難しい!うに取り体験

まずご紹介するのは、「うにを取る体験」。船の上から専用の網を使ってうにを取るだけなのですが、これが意外と難しい。そう、うには動くのです。なかなか自由がきかない海の中で使う網で、海中を動くうにを取る難しさたるや…。

さて、なんとか取れたうには、自分で殻を剥いてその場で堪能!取れた感動も相まって感激な美味しさです。

 

利尻島・神居海岸パーク

http://kankou-k.wixsite.com/kamui-kaigan-park

ぱっくり!うに剥き体験

続いては、礼文島・うに剥き体験センターから、「うに剥き体験」です。ここうに剥きセンターでは、すでに取ってあるうにを剥きます。

 

今回剥き方をレクチャーしてくれたのは体験センターの高村さん。一から丁寧に教えていただきました!

うにを開く道具、その名も「うにぱっくり」を使ってぱっくりとうにを割ります。

うにの身を取り出して、洗います。最後、水気を拭き取ったら完了!

礼文島のうには最高級・利尻昆布を食べて育つため絶品。おいしいものを食べたうには、おいしいに決まってます。

 

体験の後は、実際に剥いたうにをいただきます。ん〜、絶品です。

礼文島・うに剥き体験センター

http://funadomari.jp/hpgen/HPB/entries/2.html

うに丼もお忘れなく

取るのも剥くのも楽しいですが、プロの漁師さん・海女さんが剥いてくれたうにも食べたい!

安心してください、うに丼、もちろんあります。

さて、「取って」、「剥いて」、「楽しむ」3種類の楽しみ方が北の離島にはあります。あなたはどれを楽しみますか?

 

礼文町 海鮮処 かふか「うに丼」

※時期によってウニの種類(赤・白)が変わります。

 

▽その他の観光情報はこちら

利尻島観光協会

http://www.town.rishiri.hokkaido.jp/kankou-annai/

 

礼文島観光協会

http://www.rebun-island.jp/

この記事が関連付けられているタグ: 旬(今だけ) 体験 グルメ 離島(利尻・礼文・天売・焼尻)エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構