GoodDay北海道 » これぞ!HOKKAIDO » いざ、流氷の海へ。砕氷船で流氷の中をクルージング
これぞ!
HOKKAIDO

いざ、流氷の海へ。砕氷船で流氷の中をクルージング

“一生に1度は見てみたい!”“いつか必ず見に行きたい!” 日本では北海道でしか見る事の出来ない絶景・流氷。やっぱり、冬の北海道で流氷観光は、はずせません。

“一生に一度は見てみたい!”日本では北海道だけの絶景・流氷。

はるかシベリア大陸から南下してくる、オホーツク海の流氷。

実はこの流氷、世界的に見てもごく限られた地域でしか見ることができない冬ならではの景色なんです。

そして、日本では北海道のオホーツク海でしか見ることの出来ない、ここだけの絶景。

遠くシベリア大陸の沖合から風に乗って流れてくる流氷が広がる世界は、まさに壮大なスケールの自然現象。

“一生に1度は見てみたい!”“いつか必ず見に行きたい!”

 

冬の北海道を楽しむなら、流氷観光はやっぱりはずせません。

流氷のまっただ中へ。砕氷船で流氷の中をクルージング。

誰もが憧れるオホーツク海の流氷。

流氷がオホーツク海にやってくるのは、例年1月下旬頃。1月下旬頃から3月頃にかけて、オホーツク海全体が流氷で覆われます。

 

その中でも、2月は比較的高確率で見ることが出来ると言われていますが、しかし、流氷は風と潮の流れで常に移動しているため、毎日見られるとは限りません。早いときには短時間でも大きく位置を変えることは珍しくないんです。

流氷を思いっきり楽しむなら、流氷のまっただ中に行くことができる流氷砕氷船に乗って、流氷の中を進むクルージングがおすすめです。

流氷クルーズは、およそ1時間。

 

沖に出るにつれて流氷もだんだんと大きくなっていき、流氷を間近で見ることができるばかりでなく、凍てつく大空を悠然と舞うオジロワシや、流氷の上でゴロリと昼寝をするアザラシなど野生動物と出合うことも。

氷塊を豪快に砕きながら白銀の海原を進んでいく、まさに圧巻なるクルーズです。暖かい客室の船内から流氷を眺めることもできるので、気軽に楽しめる流氷観光として、寒いのが苦手な方やお子様・年配の方など、老若男女楽しめるところも人気の理由です。

 

流氷砕氷船は大きくは網走出港の"おーろら号"と、紋別出港の"ガリンコ号Ⅱ"があります。

 

一生に一度は見てみたい壮大な景色を探して、あなたも流氷クルーズに出かけてみませんか?

厚い氷も押し割るパワフルな大型船「おーろら号」

網走発着の「流氷観光砕氷船おーろら」は大型船で、南極観測船と同じ構造を持っています。一般船の倍の出力で船首から氷に乗りかかり、船の重みで氷を砕いて進みます。そのため、船底が氷を砕くときは「ドコンドコン」と船上にまで震動が伝わってきます。

砕かれた流氷は船底に沿って船の側面に浮かび、その大迫力の様子が間近に見られる1階のサイドデッキは特等席。展望デッキに出れば、流氷を砕く音も聞こえてきます。

 

【運航期間】1月20日~4月3日

【料  金】大人3,300円、小学生1,650円

 

 ☆運航時間など詳しくはhttps://www.ms-aurora.com/abashiri/

巨大なスクリューが力強く氷を割る「ガリンコ号Ⅱ」

紋別からは「流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱ」が出航しています。

ガリンコ号の特徴は、船の先端に取り付けられた大きな2本のスクリュー。

流氷をガリガリと砕きながら突き進むさまは、ガリンコ号ならではの醍醐味です。

1階の船首室からは、氷を豪快に砕くスクリューが間近に見られます。

2月の早朝6時に出航するサンライズクルーズコースもおすすめ。

流氷の海から眺める朝日は感動の一言に尽きます。

 

【運航期間】1月10日~3月末

【料  金】大人3,000円、小学生1,500円

 ☆運航時間など詳しくはhttp://www.garinko.com/winter/

☆流氷が見られる場所について詳しくは  http://www.visit-hokkaido.jp/info/detail/164

 

☆網走・紋別・北見・知床エリアの観光スポットについて詳しくは  http://www.visit-hokkaido.jp/article/detail/33

この記事が関連付けられているタグ: ここだけ 自然・景観 体験 網走・紋別・北見・知床エリア 網走 ファミリー
PAGETOP