facebook
GoodDay北海道 » キュン旅北海道 » 2016年冬号

キュン旅北海道

2016年冬号

  • 六花亭 帯広本店
  • 北菓楼 札幌本館
  • 千秋庵総本家
  • 壺屋総本店 き花の杜
  • 地元の銘菓・待ち合わせMAP
  • 旅の情報ソムリエ
千秋庵総本家
informationinformation

宝来町本店
函館市宝来町9-9
Tel.0138-23-5131
営業時間/9時~18時
休日/水曜日、1月1日

箱館(現・函館)にペリーが来た!

1854年、日米和親条約の締結によって開港地に選ばれた箱館を検分するため、ペリーが来航。国際都市HAKODATEの歴史が始まりました。元町公園下にはペリー提督来航記念碑が。

丘
和菓子の高い技術を洋の文化にも生かす。和菓子の高い技術を洋の文化にも生かす。 スウィーツにも歴史が香ってマス。

趣のある外観。正面に掲げられた看板は、俳人・河東碧梧桐の揮毫

 1860年、「千秋庵総本家」はこの地に創業。道内各地で看板を掲げる千秋庵は、実は函館が発祥です。  和菓子の命は餡。「千秋庵総本家」が作る餡は、上生菓子から饅頭、最中まで、お菓子に合わせて年間100種類以上。看板商品の「どらやき」の餡は、厳選した道南産大納言を3日間かけて炊いたもので、その製法は誕生当時から変わっていません。  和菓子の本流を行く技術は、この春誕生したカステラ饅頭「函館散歩」のように、洋の文化にも生かされています。自分らしく、それでいて新しい風も巧みに取り入れる。その姿勢は、函館という街のすがたと似ています。

どらやき

4代目が大正期に作り始めた人気商品。熟練の職人が2段階仕込みで調えた生地を手焼きした皮に、餡がたっぷり。店内で、日本茶とともに味わうこともできる。1個194円。5個・10個・15個の箱入りも。

函館散歩

五稜郭、金森倉庫、ハリストス正教会を型焼きした「函館散歩」。5個入り600円。(宝来町本店ほか直営店、函館空港ポルックス、函館山ロープウェイ ほか。)

昭和初期に作られた「元祖山親爺」5枚入り324円。過去、図案が変化してきたが、来春には初代の型が復活する。 「元祖山親爺」の技術が生きる焼き菓子「函館フィナンシェ」。軽やかな口どけが特徴。1個145円。御引菓子「はさみ菊」作りに欠かせない菊鋏は、4代目が大正初期に東京で考案。 現在暖簾を守るのは6代目。おいしく召し上がっていただくために、丁寧な接客を身上とする。

どらやき

4代目が大正期に作り始めた人気商品。熟練の職人が2段階仕込みで調えた生地を手焼きした皮に、餡がたっぷり。店内で、日本茶とともに味わうこともできる。1個194円。5個・10個・15個の箱入りも。

丘のプラトー

五稜郭、金森倉庫、ハリストス 正教会を型焼きした「函館散歩」。5個入り600円。

開港から現代までをひと歩き|約4時間

TACHIKAWA CAFÉ

国指定重要文化財の明治期の商家建築がカフェに。ランチタイム(L.O.14時30分)に味わえる「エゾ鹿の網焼きステーキ1,700円(写真)」ほか、近隣の食材を使った函館らしい家庭的なフランス料理が得意。

元町エリア散策

函館山の麓に広がる人気エリア。旧函館区公会堂、ハリストス正教会、八幡坂は必見です。市電「末広町」で下車すれば、憧れのシーンはすぐそこ。

はこだてクリスマスファンタジー

海上に浮かぶ巨大クリスマスツリーがシンボル。毎夜上がる花火、スープバーが人気。
●函館市 赤レンガ倉庫群周辺
●12月1日~25日

待ち合わせMAP
絵本のような世界観

阿佐利精肉店のコロッケ

1901年創業のお肉屋さんの女将らが、戦前生まれのレシピで夜明け前から手作り。道産男爵、牛や豚の複数部位の肉、玉ネギを合わせ、自家製ラードでからりと。1個ずつ紙袋に包んでくれて、1個75円!

PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構