GoodDay北海道 » キュン旅北海道 » キュン旅北海道17-18年冬号

キュン旅北海道

17-18年冬号

冬を楽しむオトナの“ほっこり”道東の旅

雄大な大地が広がる十勝エリア。その大地の恵みから多彩な美味が誕生。
冬にしか見ることができない絶景も自然に恵まれた十勝ならではのお楽しみ。
また、世界でも珍しいモール温泉で湯あみできるのも大きな魅力です。

絵本作家・イラストレーター

そらさん

 十勝は大好きなエリアの一つ。食糧基地と呼ばれるだけあり、スイーツやパン、ワインにチーズとおいしいものがいっぱいです。女性が一人でも気軽に入れる北の屋台や、お肌がツルツルになる世界でも珍しいモール温泉など、女性にうれしいものがたくさんそろっていますよ。温泉に浸かって、おいしいものを食べて心身ともに温まってください!

 北海道を拠点に活動する、絵本作家、イラストレーター。イラストによる絵本、自身が制作したフェルトぬいぐるみを撮影したピクチャーブックなどを手掛ける。また、読み聞かせやライブペインティングなど多方面で活躍。主な代表作に、JR北海道ICカード乗車券Kitaca(キタカ)のキャラクター「エゾモモンガ」、北海道観光PRキャラクター「キュンちゃん」がある。
http://sora-office.com/

旅人インスタグラマー
maoizmさん(左)yuco_ushiさん

函館を訪れたことがあるmaoizmさん、初北海道のyuco_ushiさん。インスタ友達という2人は、互いの写真の世界観が分かっているので、インスタ用の写真もあうんの呼吸で撮影!

  • 温泉&宿
  • おすすめスポット

館内のいたるところに“北海道”が。
オトナのための癒やしの空間「北海道ホテル」

 JR帯広駅から車で約5分。雪景色に映えるレンガ造りの建物が印象的な「森のスパリゾート北海道ホテル」。
 前身である「北海館」が誕生したのは明治32年。昭和41年に大きな森が残された現在の場所へ移転。東側には十勝鉄道(通称とてっぽ)が走っていました。平成27年には「森のスパリゾート北海道ホテル」という名称に。都心にありながら100年の森を有する、まさにアーバンリゾートホテルです。
 建物や館内の内装、客室は、「自然との調和」を意識して設計。吹き抜けになっているロビーは、光や風、夏は緑を、冬は雪の白をうまく取り込めるように工夫された造りになっています。大きな窓から見えるのは白く輝く森。その木の枝を渡るエゾリスに出合えることもしばしば。ロビーには暖炉も置かれており、暖かな炎の前で静かに読書などが楽しめます。
 エントランス右手の大きな階段は北海道産の楢の木を使用。手すりに触れるたびに温かみが伝わってきます。館内で使われているレンガはすべて十勝製というのも驚きです。アイヌ文様をベースにしたデザインの外壁、北海道を意識した模様の絨毯など、北海道や十勝を至るところで感じられ、館内には、北海道絵画の巨匠とも呼ばれる能勢眞美氏の絵画や十勝の彫刻家・高橋英双氏の木彫りの作品が飾られているほか、古い北海道の地図も。貴重なこれらを見に訪れる人もいるそう。

モール温泉とアロマで
癒やしとくつろぎの時間を

 客室も北海道産の木材やレンガを多用し、ゆったりくつろげるように設計されています。森に面したフォレストスパツインは客室露天風呂付きの部屋。好きなときに好きなだけ雪見風呂を楽しめます。泉質は、世界的にも珍しいモール温泉。湯の中に藻のような沈殿物が見られますが、これは植物性有機物で肌をなめらかにする美人の湯の素。しっとりすべすべで何度も浸かりたくなります。また、女性スタッフが選んだ同ツインのアメニティーも女性ゲストに評判。このほかにも用途や好みに合わせて選べるさまざまなタイプの客室が用意されており、気に入った部屋でくつろぎのプライベートタイムを過ごせます。
 100%オーガニックという「Dr.ヴァルネ」の最高級エッセンシャルオイルを使ったアロマテラピーサロン「ラフィーネ」も併設。温泉とアロマで癒やしの時間をたっぷり過ごせます。

農業王国・十勝の
食材を使った料理の数々

 “農業王国”と称され、食糧の自給率が高い十勝。野菜、肉、乳製品など、この十勝の食材をふんだんに使った料理もホテルステイの楽しみ。洋食、和食、鉄板焼き、寿司、天ぷらとそろっており、好みで選ぶことができます。また、毎日パン職人が焼き上げるパンも見逃せません。十勝の小麦を使ったこだわりのパンは、スーベニアショップでも販売され、地元の人たちが大勢買いにくるほど人気。宿泊者だけのお楽しみは、ショップで扱わない朝食専用のデニッシュ。ついついおかわりしてしまいます。
 「十勝の愛すべきものをお客さまへ」という想いがある同ホテルには、十勝の魅力がすべて詰まっています。温かいもてなしと空間、温泉、食…、冬の十勝もいいなと思わせてくれるホテルです。

【1】ロビーに設置された暖炉。炎を眺めながらくつろぎのひとときを 【2】フォレストスパツインの客室露天風呂。雪景色を見ながらモール温泉を楽しめます 【3】広々としたフォレストスパツインの部屋 【4】レストランの中には、道産牛などを味わえる鉄板焼きも 【5】レンガの模様が印象的なロビー! 【6】ロビーから見える庭は夜になるとライトアップされます 【7】温泉に入ったあとにアロマテラピーサロンを利用するのがおすすめ 【8】古地図などが展示されているギャラリースペース 【9】地元の食材をふんだんに使った朝食。卵やヨーグルトなども十勝産

森のスパリゾート 北海道ホテル

電話/0155-21-0001
所在地/帯広市西7条南19丁目1
宿泊料金/フォレストスパツイン
1泊2食付き 2名1室 1人2万4,000円〜
(入湯税込み)
※休前日は1人2,000円UP
※12/31~1/2は異なる
アクセス/JR帯広駅から車で約5分

Instagramで写真投稿を楽しもう アンケートはこちら
PAGETOP