GoodDay北海道 » キュン旅北海道 » キュン旅北海道18年春号

キュン旅北海道

18年春号

札幌&洞爺湖 ふたつのディープなオトナ旅

伊藤 亜由美さん

 今回紹介する札幌の中でも狸小路市場界隈は、昔から通い詰めたエリア。石山緑地も道外から来たお客様をお連れするスポットです。もう一つの紹介エリア・洞爺湖は、映画「しあわせのパン」の撮影をした場所。ロケハンの際に、洞爺・月浦エリアのロケーションを見て一目惚れ。映画を見た人が癒やされると思えるような場所を探していたので、まさにぴったりな場所でした。映画を見て洞爺湖を訪れる人がいると聞くと本当にうれしいです。

 大泉洋や安田顕などが所属するクリエイティブオフィスキュー代表取締役、プロデューサー。食、観光、地域特産品など、北海道の魅力を全国に伝えたいと映画「しあわせのパン」「ぶどうのなみだ」を企画。来春には3作目となる作品も公開予定。

年に1〜2回は一緒に旅をするというnoripinokoさんご夫妻。南へ行くことが多いそうですが、「北海道もすてきなところがいっぱいですね」と気に入ってくれた様子。

豊かな自然でパワーチャージ

 洞爺湖サミットで有名になり、旅先案内人の伊藤亜由美さんが手掛けた映画「しあわせのパン」のロケ地にもなった洞爺湖町。伊藤さんも一目惚れしたというこのエリアは、自然豊かで季節の移り変わりを五感で楽しめるのが魅力です。春の時期には、雪解けの山と桜を同時に楽しめますよ。もともと火山の噴火がきっかけで誕生した湖で、有珠山とともにユネスコ世界ジオパークに選ばれ、火山との共生という点で世界的にも注目を集めています。  何といっても湖周辺からの眺望は絶景だらけ。洞爺湖の自然に触れるだけで日ごろの疲れが吹き飛びそう。蝦夷富士とも呼ばれる羊蹄山が湖に反射する眺めなど、北海道らしい景色を求めている人にはたまらないはず。カヌーに乗って湖上からの景色を満喫したり、湖の中央にある中島へ上陸して針葉樹と広葉樹が混じった森を散策するのもおすすめ。中島にはエゾシカやエゾリスなどの動物も生息していて、運がよければ動物に出合えるかもしれません。

  • すすきのエリア
  • 南3条エリア
  • 石山エリア

洞爺湖の自然により深く触れるネイチャーツアー

 地元の魅力を知り尽くしたアウトドアガイドと一緒に洞爺湖の自然を巡ると、新しい洞爺湖の魅力に出合えます。「中島 巨木の森探検」は、モーターボートで中島へ向かい、島に点在する巨木を巡るという森の探検を楽しむツアーです。木々の説明やそこに暮らす野生動物の話などを聞きながら、緑豊かな森を歩きます。
 早春ならではの命の輝きや、冬と春の狭間の風景など、出合う景色はどれも絶景。インスタにアップしたくなるようなものばかりです。

中島 巨木の森探検

【期間】4月下旬~10月末 
【スタート時間】9時、14時~ 
【所要時間】約2時間30分
【定員】8人(2人~。1人の場合は要問い合わせ) 
【参加料】大人5,400円、小学生3,780円、未就学児(4~6歳)1,080円
※この他に「カヌーピクニック」などのツアーもあります。

【ツアーの問い合わせ・申し込み】

洞爺ガイドセンター

電話/0142-82-5002 所在地/洞爺湖町洞爺町193-8 
営業時間/8時30分~17時30分(4月と11月は異なる) 定休日/火曜

 洞爺湖の北岸にあたる洞爺地区。札幌から向かうと、ちょうど洞爺湖の入り口のようなエリアです。
近年、洞爺湖の自然とここで暮らす人たちに惹かれて移住してきた人も多く、ナチュラルな暮らしを大切にしながら、
パン屋、カフェ、雑貨店などを営む人も増えています。

湖畔に佇む古民家カフェ

 北欧テイストのかわいらしいお店で提供されるのは、ベトナム料理がベースのオリジナル。店主の藤井由香さんは、もともと札幌でベトナム料理の店を切り盛り。洞爺に移住し、今はここでの暮らしをとても気に入っているそう。「おいしいものがたくさんあるし、いつも新鮮な食材が手に入るし、そして、この辺りに暮らす人たちはみんな仲が良くて」と話します。もちろん料理には地元で採れた食材をできるだけ用いて、子どもにも食べさせられるものをと添加物は不使用。手作りのケーキも優しい味わい。藤井さんの人柄が表れているようなほっこりした気分になれるお店です。

yucana (ユカナ)

電話/0142-82-4739 所在地/洞爺湖町洞爺町146-6 
営業時間/12時~16時(ラストオーダー15時) 
定休日/金曜、日曜不定休

Instagramで写真投稿を楽しもう アンケートはこちら
PAGETOP