facebook
GoodDay北海道 » 観光スポット » 日高・えりもエリア » 見る&遊ぶ&日帰湯 » 悲恋沼

悲恋沼

周囲380m・水深70cmの小さな沼。周辺にはタチギボウシやサギキョウ、ミゾソバなど多彩な海浜植物や高山植物が群生しています

結ばれぬ恋に散った乙女の涙を湛える静かな沼。夏の夜はホタル舞う神秘の水辺

襟裳岬から7キロ、百人浜の北側に、静かに水を湛えた小さな沼があります。名前は悲恋沼。その名の由来となったのが、和人「久作」とピリカ「マエラ」の悲しい恋の物語。時は江戸時代・寛文年間の頃、アイヌ同士の民族争いが起こり、時を同じくして久作は内地へ帰ることに…。この世では結ばれない運命と知ったふたりは、あの世での再会を誓い別れます。久作の舟を幾日も浜辺で見送り泣き続けたマエラ。その姿が無くなり、後にこの沼が生まれたそうです。夏の夜、水辺に舞うホタルは再会したふたりの姿なのかもしれません。

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 えりも町庶野11
お問い合わせ 01466-2-4626
アクセス方法 札幌市から道央自動車道苫小牧東IC経由、日高自動車道日高門別ICを通り国道235号・国道336号を南下し、えりも町本町市街地へ(約3時間30分) えりも町本町市街地から道道34号(襟裳公園線)を通り約20分
駐車場 あり 30台・無料
URL http://www.town.erimo.hokkaido.jp
その他 悲恋沼から10mほどのところには、「百人浜」と呼ばれる美しい砂浜が広がります。その昔、海の難所として知られ多くの人が命を落としたことからその名が付けられたと言われています。浜辺に建てられた供養碑「一石一字塔」が、往時の悲しみを今に伝えます
この記事が関連付けられているタグ: 自然・景観 日高エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構