facebook
GoodDay北海道 » 観光スポット » 札幌エリア » 見る&遊ぶ&日帰湯 » 北海道開拓の村(野外博物館)

北海道開拓の村(野外博物館)

明治大正期に建てられた歴史的建造物が52棟も建ち並び、訪れた人を当時へとタイムトリップさせてくれます

明治大正の時代へ時間旅行。知らない街が、なぜか懐かしい

札幌市内にありながら、開拓の村は野幌森林公園の大自然に囲まれています。森林浴と明治大正期の建物が立ち並ぶレトロな街は癒しの世界。ゆっくり村内を見学すると半日かかりますが、天気の良い日はお弁当持参で、見学途中に芝生でくつろぎ、一日のんびりと過ごしてみては?昔の建物の囲炉裏端や新聞社・交番などといった数カ所の建物ではボランティアの“むらびと”が常駐しており、昔の北海道の様子などを親切丁寧に解説してくれます。

  • ドサンコがひく馬車鉄道(冬は馬そり)に乗って客車から眺める景色は格別。約500メートルを約5分かけてゆっくり村内を走ります
  • 誰でもいつでも参加体験できる伝統遊具づくりを一年通して実施。昔懐かしいイベントも開催。写真は大道芸人のバナナのたたき売り
  • 写真の建物はニシン番屋(旧青山家漁家住宅)。見学するだけで当時の北海道の歴史を体感できます

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 札幌市厚別区厚別町小野幌50-1
お問い合わせ 011-898-2692
定休日・営業時間 4月/9:00~16:30(月曜定休16:00まで) 5月~9月/9:00~17:00(入場16:30まで)・無休  10月~3月/9:00~16:30(入場16:00まで)・月曜(祝日・振替休日の場合は翌日) 12/29~1/3休
料金 一般:800円 高校生・大学生:600円 (10名以上団体は各100円引き) 開拓の村年間パスポート:1,500円  ※中学生以下、65歳以上無料
アクセス方法 ・新さっぽろ駅バスターミナル北レーン10番乗り場よりJR北海道バス「開拓の村」行き乗車、終点下車すぐ ・自家用車の場合札幌中心部より国道12号線を旭川方向に約40分
駐車場 あり 400台 無料
URL http://www.kaitaku.or.jp
その他 体験学習棟では毎月2種類の遊具づくりが体験できます(無料)。竹トンボやコマなど懐かしい遊具を作って、童心にかえって遊んでみては?
この記事が関連付けられているタグ: 体験 カルチャー 札幌エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構