GoodDay北海道 » 観光スポット » 帯広・十勝エリア » ラワンブキ (北海道遺産)

帯広・十勝エリアラワンブキ (北海道遺産)

(情報提供元:ぐうたび北海道)

アイヌ伝説に出てくるコロポックルとは〈フキの葉の下の住民〉の意味。 北海度自然遺産にも認定されている

人間の背より高く3mにもなる、日本一巨大な足寄町特産のフキ

地表からの高さ3m、茎の直径が10cmにもなる日本最大のフキ。ラワンとは、このフキが多く自生していた足寄町内の地名「螺湾(らわん)」に由来します。普通のフキに比べると、よりみずみずしくて甘みも強いと言われており「ラワンぶき」の名はJAあしょろの登録商標となっています。収穫時期は6月中旬。地元では佃煮などさまざまな加工品が売られるほか、生育の様子を見学できる「ラワンブキ観賞ほ場」という施設もあります。

  • 収穫を迎えたラワンブキの畑。大きいので大味かと思いきや、やわらかくて甘みも強く、さまざまな形で加工、販売されています
  • 小さな子どもと比べると倍以上の高さがあります
  • ラワンブキを使った特産品が豊富に販売されている

このスポットに行ってみたい!
と思ったらクリック!

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 足寄町螺湾本町らわんぶきの里
お問い合わせ 0156-25-6131(NPO法人 あしょろ観光協会)
定休日・営業時間 6月中旬~7月上旬
アクセス方法 JR帯広駅より車で約80分
駐車場 あり 約20台・無料
URL http://www.town.ashoro.hokkaido.jp/
この記事が関連付けられているタグ: とかち帯広空港 自然を満喫したい 絶景・ビュースポットに行きたい
PAGETOP