GoodDay北海道 » 観光スポット » 旭川・層雲峡・天人峡エリア » なよろ市立天文台「きたすばる」

旭川・層雲峡・天人峡エリアなよろ市立天文台「きたすばる」

(情報提供元:ぐうたび北海道)

北の星座に抱かれる天文台。名寄市周辺は空気が澄み、国内でもトップクラスの星空を見られることでも知られています

北海道大学が作成した国内最大級の望遠鏡と最新式プラネタリウムは必見!

2010年にオープンしたプラネタリウム併設の天文台です。2Fの屋上天体広場からは、名寄市を一望。国内屈指と言われる星空を肉眼で眺めたり、鏡の直径50cmの大型望遠鏡を使って様々な天体を楽しめます。また、最新設備のデジタル式プラネタリウムは、つなぎ目がない直径8mのドームスクリーンに、ハイビジョンプロジェクター2台で星空を映し出します。他にも、太陽望遠鏡からのリアルタイム映像(日中)や、隕石等の展示コーナーなど、充実した内容の施設です。そして、もう一つの目玉は2011年に北海道大学が設置した、鏡の直径1.6mの「ピリカ望遠鏡」です。一般公開している望遠鏡としては国内2番目の大型望遠鏡による観望が可能です。※公開日が決まっているためHPでご確認ください。

  • プラネタリウムは全50席。中にはピアノも設置されており、ロマンチックなプラネタリウムコンサートが開催されることも
  • 北海道大学が作成した鏡の直径が1.6mの「ピリカ望遠鏡」
  • 売店では地元の天文サークルが、天文台テーマソングCD(500円)や、地元のお菓子「星に願いを」(615円~)などを販売中

このスポットに行ってみたい!
と思ったらクリック!

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 名寄市日進(にっしん)157-1(北海道立サンピラーパーク 星見の丘)
お問い合わせ 01654-2-3956
定休日・営業時間 開館日/火曜~日曜、祝日 営業時間/4月~10月 13:00~21:30、11月~3月 13:00~20:00
料金 ・観覧料(プラネタリウム料金含む) 一般410円、学生300円、65歳以上200円、高校生以下無料 ※団体割引あり ・年間パスポート 一般1230円、学生1020円、65歳以上610円
アクセス方法 JR名寄駅から車(タクシー)で約10分(約5.5km)、名寄市内の北にあるサンピラーパーク内「星見の丘」へ
駐車場 あり 50台・無料
URL http://www.nayoro-star.jp/
その他 特定の天体や天体現象にスポットを当てた特別観望会や音楽イベントなど随時開催しております。詳しいイベント情報は天文台ウェブサイトをご覧ください。
この記事が関連付けられているタグ: 旭川空港 自然を満喫したい 絶景・ビュースポットに行きたい
PAGETOP