facebook
GoodDay北海道 » 観光スポット » 帯広・十勝エリア » 見る&遊ぶ&日帰湯 » 中札内美術村

中札内美術村

北の大地美術館の大窓の前で休憩。窓から見えるカシワ林そのものが一枚の絵のようです

複数の美術館が点在する、閑静な森の中の美術村

十勝らしいカシワ林の中にたたずむ中札内美術村。145,000平方メートルの広大な敷地内に、十勝ゆかりの相原求一朗、小泉淳作の美術館をはじめ、レストラン「ポロシリ」、売店「柏林」などで構成された、道内でも他に類を見ない施設です。ちなみにカシワ林の中に伸びる木道は、旧国鉄広尾線で使われていた枕木を再利用したもの。各美術館を巡りながら、屋外の彫刻たちに触れてみたり、木道をゆっくり散策してみたりと、心身ともにリフレッシュできるスポットです。

  • 相原求一朗美術館では、北海道の名峰を描いた「北の十名山」が常設展示されています
  • 美術村内には足にやさしい枕木の遊歩道が伸びており、四季折々の表情を楽しめます
  • 小泉淳作美術館には代表作品の他、制作風景の写真やデッサン(素描)を展示しています

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 中札内村栄東5線
お問い合わせ 0155-68-3003
定休日・営業時間 営業時間:10:00~17:00(営業期間4月下旬~10月中旬)  ※2016年は4月28日より開館予定 ※10月は16:00まで ※営業期間中無休
料金 相原求一朗美術館500円 小泉淳作美術館500円 上記2美術館共通800円 六花の森を含む全館共通券1,200円
アクセス方法 JR帯広駅より車で約40分
駐車場 あり 120台・無料
URL http://www.rokkatei.co.jp/facilities/
この記事が関連付けられているタグ: 見学 アート カルチャー 十勝・帯広エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構