facebook
GoodDay北海道 » 観光スポット » 松前・江差エリア » 見る&遊ぶ&日帰湯 » 太田神社

太田神社

道南の霊場として知る人ぞ知る神社入口

断崖絶壁にそびえ、拝殿までの道のりに危険を伴う道内最古の山岳霊場

北海道最古の山岳霊場。航海の安全と霊神の加護として信仰される道南五大霊場の一つ。断崖絶壁の太田山に建てられ、真下に日本海を望みます。本殿までの道のりは大変険しく、急勾配の石段を登り、ロープを伝って山道を進むと先ず「女人堂」に出会います。さらに奥地へ進み絶壁を登りきると岩穴に本殿がひっそりと佇んでいます。太田神社の創立は享徳3年(1454年)。松前藩の祖、武田信広公が太田に上陸した際に、太田大権現の尊号を賜わりました。円空や菅江真澄などの高僧、松浦武四郎などの探検家なども訪れた記録が残っており、北海道の隠れた名所となっています。

  • 本殿への過酷な道。ラスト数メートルは鉄の鎖をよじ登る断崖絶壁
  • 岩穴に祀られた太田神社の本殿

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 せたな町大成区太田
お問い合わせ 01398-4-5030(せたな観光協会大成支所)
アクセス方法 北檜山バスセンターからバスで約50分、大成学校前下車、そこから車で約10分
駐車場 あり 4台・無料
URL http://setanakankou.iinaa.net/midokoro/t_ootajinja.html
この記事が関連付けられているタグ: 自然・景観 松前・江差エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構