facebook
GoodDay北海道 » 観光スポット » 松前・江差エリア » 見る&遊ぶ&日帰湯 » 美利河ダム

美利河ダム

ダムの周りを流れる魚道。美利河(ピリカ)とはアイヌ語で美しいという意味。周辺は緑に囲まれ、美しい自然景観が望めます

川の世界を垣間見ることができる魚道の観察窓は必見

清流・後志利別川の上流にある美利河ダム。ダムを迂回するように作られた魚道には観察窓があり、川魚の泳ぐ姿が見られます。春にはたくさんのヤマメの稚魚、夏から秋にかけては、産卵のために戻ってきたアユやサクラマスの姿も。普段見ることのない川の世界は、魅力がいっぱい。おもしろい発見がきっとあるはずです。魚道の長さは2.4㎞で日本一。美利河ダムも長さ1480mと、複合ダムとしては日本一の長さを誇ります。迫力も満点です。

  • 魚道に設置された観察窓。ヤマメ・アメマス・ウグイ・エゾウグイは通年に渡って見ることができます
  • 魚道の周囲には木が植えられ、自然の川に近い環境となっています。魚の休憩場所となるスペースも設けられています
  • 約50㎝ほどに成長したサクラマスは、7~10月頃に見ることができます。悠々と泳ぐ姿は貫禄たっぷり

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 今金町字美利河
お問い合わせ 0137-83-7335
アクセス方法 国道5号長万部町国縫から国道230号へ車で約10分
駐車場 あり 約20台・無料
URL http://www.hk.hkd.mlit.go.jp/water/pirika/
その他 魚道で見られる魚と時期 ヤマメ・アメマス・ウグイ・エゾウグイ等:通年 アユ:7月~8月頃 サクラマス:7月~10月頃
この記事が関連付けられているタグ: 自然・景観 松前・江差エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構