facebook
GoodDay北海道 » 観光スポット » 函館・湯の川・大沼・鹿部エリア » 見る&遊ぶ&日帰湯 » 梅村庭園

梅村庭園

八雲町中心部、公民館の横にある梅村庭園

洗練された美しさと風情、自然景観を取り入れた日本庭園

明治45年から、旧尾張藩士の子息梅村多十郎が造った庭園。池を中心に築山、枯れ山水の他、イチイ、アカマツなどの樹木が配置され、北海道では珍しい池泉回遊式庭園となっています。現在は、町指定文化財となっており、大正期に建てられた土蔵と離れをつなぐ「梅雲亭」が休憩所として一般に公開されています。土蔵の中では、梅村家の貴重な資料を見ることもできます。四季折々の景観が楽しめる梅村庭園。特に秋は園内のモミジが真っ赤に染まり、日本庭園らしい趣深い雰囲気に包まれます。

  • 池に映る真っ赤なもみじ。池の水面や枯山水も、落ち葉によって赤や黄色に彩られます

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 八雲町末広町151番地
お問い合わせ 0137-63-3131(八雲町公民館)
定休日・営業時間 12/29~3/31冬期休館 5/1~10/31は9:00~17:00 4/1~30と11/1~12/28は10:00~16:30
料金 無料
アクセス方法 八雲駅より徒歩5分
駐車場 あり 30台・無料 ※隣の公民館または郷土資料館の駐車場を利用
URL http://www.town.yakumo.lg.jp/modules/syakyo/category0008.html
その他 【見頃予想】10月下旬~11月中旬 【紅葉種類】カエデ、モミジ、サクラ、ツツジ 【鑑賞ポイント】一枚の絵のような、「梅雲亭」の離れから見る紅葉
この記事が関連付けられているタグ: 自然・景観 函館エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構