facebook
GoodDay北海道 » 観光スポット » 網走・紋別・北見・知床エリア » 見る&遊ぶ&日帰湯 » 能取湖サンゴ草群生地

能取湖サンゴ草群生地

(情報提供元:ぐうたび北海道)

サンゴ草の自生地保護など地元住民も大切に守り続けている群生地

まるで真っ赤なじゅうたんを敷いたよう!息を呑む壮麗な風景

網走国定公園内・能取湖の南岸に位置する卯原内(うばらない)。その湖畔周辺に群生するサンゴ草(別名アッケシソウ)が、サンゴのように美しく赤変して見ごろを迎えるのは、例年9月中旬から10月にかけて。数年前から生育不良で群生地が減少傾向にありましたが、オール網走体制による種子採取・播種や湖水の入排水改善などにより、平成27年8月ついに群生地の復活が宣言されました。

  • 最盛期を迎える秋になると、各地から訪れる観光客で賑わいます
  • 約4ヘクタールの広さに群生する真っ赤なサンゴ草

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 網走市卯原内60-3
お問い合わせ 0152-47-2301(卯原内観光協会)
料金 入場無料
駐車場 あり 無料
URL http://abashiri.jp/tabinavi/02spot/notoroko.html
この記事が関連付けられているタグ: 自然・景観 宗谷・オホーツクエリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構