GoodDay北海道 » 観光スポット » 小樽・ニセコ近郊エリア » 北のウォール街

小樽・ニセコ近郊エリア北のウォール街

(情報提供元:ぐうたび北海道)

金融の中心として栄えた時代を感じることができます。今では資料館やレストランなどに再活用

明治から大正期の建造物が、今もなお色濃く残るエリア

世界の金融市場ニューヨークのウォール街になぞらえて呼ばれるようになった「北のウォール街」。明治から大正期にかけて建てられた石造り、レンガ造りの数々の歴史的建造物は、かつて金融の拠点とされていた歴史を感じることができます。また、夜にはライトアップされる施設もあって、なんとも幻想的な雰囲気。ライトアップに合わせて、日中の街並みとは違う夜の小樽を散策してみるのも良いものです。

  • 現在は金融資料館として使用されている日本銀行旧小樽支店。入館無料なので一度訪れてみては
  • 旧三井銀行小樽支店は小樽で最初の鉄骨鉄筋コンクリート造の建物。夜はライトアップされます

このスポットに行ってみたい!
と思ったら星をつけて「評価する」をクリック!

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 小樽市色内周辺
お問い合わせ 0134-32-4111(小樽市観光振興室)
定休日・営業時間 ライトアップあり(日没~22:30頃まで)※施設により異なる
アクセス方法 JR小樽駅より徒歩で約10分
駐車場 なし
URL http://www.city.otaru.lg.jp/kankou/
その他 金融資料館は入館無料で見学可能
この記事が関連付けられているタグ: 新千歳空港 アート・歴史・文化に触れる
PAGETOP