facebook
GoodDay北海道 » 観光スポット » 函館・湯の川・大沼・鹿部エリア » 見る&遊ぶ&日帰湯 » 松前藩戸切地陣屋跡(まつまえはんへきりちじんやあと)

松前藩戸切地陣屋跡(まつまえはんへきりちじんやあと)

松前藩戸切地陣屋跡正門

蝦夷地防衛の拠点として築造 今は800mの桜のトンネルが見どころ

幕末、蝦夷地防衛のため、幕府に命じられて松前藩が築造した日本最初の洋式築城。現在の北斗市の市街地から約5kmほど内陸に入った函館湾を見渡す高台に築かれましたが、明治元年に箱館戦争で榎本軍の進撃を受け、守備隊により自焼・放棄されました。現在は土台を基に平面復元され、5月初旬から中旬にかけては、道道96号線から表御門に続く約800mの桜並木のトンネルをくぐろうと多くの観光客で賑わいます。

  • 表御門から続く桜並木
  • 夜桜並木のライトアップ
  • 陣屋跡を公園として開放しています

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 北斗市野崎66-10
お問い合わせ 0138-73-3111(北斗市経済部観光課)
定休日・営業時間 例年、4月末~5月中旬ライトアップ ※開花状況により変更あり
料金 無料
アクセス方法 函館江差自動車道北斗市中央ICより道道96号線を北上(看板有左折)
駐車場 あり
URL http://hokutoinfo.com/spot/138/
この記事が関連付けられているタグ: 自然・景観 函館エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構