GoodDay北海道 » 観光スポット » 小樽・ニセコ近郊エリア » 小樽市総合博物館

小樽・ニセコ近郊エリア小樽市総合博物館

(情報提供元:ぐうたび北海道)

構内を運行する1909年製造の蒸気機関車「アイアンホース号」(7月末から運航再開予定)

たくさんの鉄道車両や各種展示が楽しめる博物館

北海道の鉄道発祥の地、小樽市手宮にあり、北海道を代表する50両もの鉄道車両が保存・展示されています。7月末からは屋外で1909年アメリカ製の蒸気機関車「アイアンホース号」が運行し、乗車体験もできる予定。修復された「機関車庫三号」などの重要文化財「旧手宮鉄道施設」もあります。館内には、プラネタリウムや体験を通して学習できる科学展示室があり、土日祝日はチャレンジラボで簡単な実験や工作もできます。また、企画展示室では、歴史、自然、科学など様々なテーマに基づいた展示を行っています。

  • 総合博物館本館の正面外観。中央にあるのはクロフォード像
  • 明治17年製造の蒸気機関車「しづか号」と一等客車「い1号」
  • 重要文化財旧手宮鉄道施設の1つ。現存するレンガ造では日本最古の「機関車庫三号」

このスポットに行ってみたい!
と思ったら星をつけて「評価する」をクリック!

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 小樽市手宮1丁目3-6
お問い合わせ 0134-33-2523
定休日・営業時間 営業時間:9:30~17:00 休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12/29~1/3)
料金 入館料 一般 400円(300円) 高校生 200円(150円) 中学生以下無料 ※()内は冬期料金。冬期期間は11/5~4/26 ※団体利用(20人以上)は2割引き
アクセス方法 JR小樽駅から中央バス市内本線2高島3丁目行き「総合博物館」下車
駐車場 あり 150台 無料
URL http://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/museum/
その他 生解説でデジタルプラネタリウムが見られます。
この記事が関連付けられているタグ: 新千歳空港 動物園・テーマパークで楽しむ
PAGETOP