facebook
GoodDay北海道 » 観光スポット » 函館・湯の川・大沼・鹿部エリア » 見る&遊ぶ&日帰湯 » トラピスチヌ修道院

トラピスチヌ修道院

外観はレンガの外壁や半円アーチの窓など、ゴシックとロマネスクが混在したデザイン

修道院の生活や歴史がわかる資料室と前庭が見学できます

1898年に創立された日本初の女子観想修道院。現在の聖堂は、教皇ピオ11世からの義援金や各修道院からの寄付金で1927年に再建され、函館山と中心市街地を挟んで対面する高台にひっそりとたたずんでいます。前庭や売店に併設する資料室は一般者も見学することができ、院内での生活や修道院の歴史などを紹介しています。生計を立てる収益事業として製造するマダレナケーキやクッキーは、修道院を訪れた際の土産物として人気です。

  • 春には満開の桜が咲き誇り、洋館との対比が楽しめます
  • 聖テレジアの像と聖堂
  • 大天使聖ミカエル像が来場者を出迎えます

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 函館市上湯川町346
お問い合わせ 0138-57-3331(トラピスチヌ修道院売店)
定休日・営業時間 営業時間:8:00~17:00(夏期)、8:00~16:30(冬期) 定休日:12月30日~1月2日
料金 入館無料
アクセス方法 「トラピスチヌ入口」バス停下車後、徒歩10分
駐車場 あり 市民の森駐車場/有料/一般76台、障がい者用2台、大型バス15台 1回 小型、普通車:200円 ※普通車/定員11人以上:1000円
この記事が関連付けられているタグ: 自然・景観 函館エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構