facebook
GoodDay北海道 » 観光スポット » 石狩・空知エリア » 見る&遊ぶ&日帰湯 » 旧住友奔別炭鉱立坑櫓

旧住友奔別炭鉱立坑櫓

「奔別」の文字が残る立坑櫓は、高さ約51m、立坑の深さ約735m、内径約6mと非常に大きく、かつては東洋一と呼ばれました

東洋一と呼ばれた巨大立坑櫓で日本のエネルギー史に触れる

明治33年の開坑以降、昭和46年の閉山まで71年に渡って、累計約2650万トンの石炭を採掘した旧奔別炭鉱。その遺構である旧住友奔別炭鉱立坑櫓は、当時の最新技術を駆使し巨費を投じて造営され、完成時には東洋一と呼ばれ100年採炭が可能と期待されました。その後、エネルギー革命による石炭価格の下落や採炭量の減少などで、僅か11年でその役目を終えています。現在は敷地内に立ち入ることはできませんが、協議会主催のジオツアーで立坑櫓やホッパーと呼ばれる貯炭場を見学できます。

  • 石炭列車が3列並んで積み込み作業が行えたというホッパー内部。天井には流し坑があります
  • ホッパーと呼ばれる貯炭場。端から端まで100mほどの長さがあり、間近で見るとその威容に圧倒されます
  • 立坑櫓をガイドの解説を聞きながら見学するジオツアーも開催

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 三笠市奔別町
お問い合わせ 01267-2-3997(三笠ジオパ-ク推進協議会/三笠市役所商工観光課内)
定休日・営業時間 営業時間:敷地外からの見学は常時可能ですが、私有地のため敷地内への立ち入りには許可が必要です 定休日:なし
料金 見学は無料。敷地内の見学を希望する場合は、お問合わせください
アクセス方法 JR岩見沢駅からバスで50分。三笠幾春別線「幾春別4丁目」停下車、その後徒歩5分
駐車場 なし 付近に駐車可能なスペースは有
URL http://www.city.mikasa.hokkaido.jp/geopark/
この記事が関連付けられているタグ: 体験 岩見沢・夕張エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構